体験レポート&リサーチ

カマタ ユキコカマタ ユキコ

新築1年後に薪ストーブを設置。進め方やお金、満足したことを語ります

薪ストーブが燃えている様子

憧れだった薪ストーブを諦めきれず、家を新築して1年後に設置することに。
そんな、日刊住まいライターが薪ストーブについて語ります。住まいは夏は暑く冬は寒い熊本県。薪ストーブを入居後に設置する際に苦労したことや、7年間使ってみて感じているメリットなどについてレポートします。

入居して1年後。やっぱり薪ストーブがほしい!

薪ストーブの煙突

家を新築する際、薪ストーブを設置するかどうか悩んだ末、結局設置しませんでした。その代わり、入居後に設置することもできるように、スペースだけ確保しておくことに。

1年ほど暮らした後、やはり薪ストーブのある暮らしがしてみたい!と思い立ち、工事をすることにしました。ただ、屋根に穴をあけて煙突工事をする必要があるので、施工後に雨漏りしたらどうしよう、などと少し不安やためらいがあったのも事実です。足場を組まずに作業ができたので、設置工事は1日で終わりました。

薪ストーブ全体

わが家では大体午後5時前から火をつけ、夜12時くらいまで使用して火を消します。薪を数本入れておくと朝でもほのかに部屋が暖かいです。

薪ストーブを設置してから、「このサツマイモ、薪ストーブで焼くと絶対美味しいわよ!」などとお隣さんからお裾分けをいただいたりする機会も生まれ、そんなときは設置してよかったなと感じます。

薪代はワンシーズンで3万6000円ほど

薪ストーブ用の薪

薪を自分たちでつくることも考えましたが、トラックや薪割り機などの設備投資が必要になってくるため、業者に依頼することに。価格はクヌギが100kgで6000円。ひと冬にだいたい600kgくらい使うので、薪代はワンシーズンで3万6000円ほどかかります。

薪ストーブの様子を見る

薪ストーブ選びは、カタログだけで決めるのは難しいので、いくつかのショールームに見に行きました。選んだのはクラシックなデザインが人気のノルウェーのメーカー「ヨツール」のF3。暖房面積は約30坪ほどです。

わが家は39坪なので、正直やや物足りないスペックかなと思いましたが、サイズが大きいとその分薪も多く必要になるので、F3に決めました。実際に使用してみるとこの大きさで十分。ちょうどよいサイズだったと感じています。

とくに2階にある寝室は、冬場はエアコンがまったく必要なく、朝まで暖かく過ごせます。

床や壁のインテリアにこだわりたかったけれど…

ガラス炉台

薪ストーブの炉台は、設置が簡単なガラスのフロアプレートを選びました。スチールのものなどもありますが、透明ですっきりと見えるのでこれで良かったと思っています。

壁のサイズに合わせた遮熱板

背面には遮熱板を設置。かなり重いですが、固定していないので、ストーブの裏側の掃除などがしやすく満足しています。ただ、新築するときに薪ストーブを設置しておけば、壁をレンガにするなど、もっとインテリアにもこだわれたのに、と少しだけ後悔しています。

薪ストーブは手間がかかるからこそ愛おしい

ハースゲート

価格は、薪ストーブ本体が約30万円、炉台のガラスプレートは約4万円。その他煙突や部品代、工事費を入れるとトータルで90万円弱でした。設置したばかりの頃は子どもたちが小さかったので、ハースゲートも設置しました。こちらは約2万円ほど。

薪ストーブは部屋が暖かくなるまでに時間がかかりますし、こまごまとしたメンテナンスも必要で、それなりに手間がかかります。でも、手間がかかるからこそ愛おしいのが薪ストーブ。火を見つめていると、体だけでなく心も暖かくなり、大変だったけど設置してよかった、と実感しています。

  • B!