クイズ 連載

Sumai編集部

「迸り」読める?用心していても誰にでも起こる、やっかいなこと

読めそうで読めない漢字
「り」という送りがながふられていますが、「迸」の読みは4音です。普通に生きていれば、たとえ注意していても、誰もが遭遇しちゃう、やっかいなこと。

さて何と読むでしょう?

例えば…上の階から水漏れ!それ「迸り」です!

上の階から漏水

あなたがマンションに住んでいるとしましょう。上の家のトイレが詰まって水浸しに!それが不運にも床から天井を伝って、あなたの家にも被害が!それは明らかに「迸り」です。

友人たちと飲んでいて、口論になったのであなたが仲裁に入ったら、押し飛ばされて足を捻ってしまった!それも「迸り」です。

勘のいい人は、読み方が分かったのでは!?

雨の日にクルマに跳ね掛けられる水は、まさに「迸り」

雨の水しぶき

正解は「とばっちり」です。

この漢字を漢和辞典で調べると以下のように書いています。

  1. 飛び散る水、しぶき
  2. そばにいて災難を受けること。まきぞえ

雨が降っているとき、クルマが行き来する道路脇を歩いていると、水を跳ね掛けられることがありますよね。本来の「迸り」の意味で言うと、あの水(しぶき)がいちばん近いかもしれません。

今の世の中、雨の日以外にも至る所に「迸り」の地雷が潜んでいます。お気をつけあれ。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「不倒翁」
「不倒翁」読める?長生きしているお爺さんじゃないです。懐かしい玩具の名前

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE