クイズ 連載

Sumai編集部

「艝」読める?雪車、橇、雪舟…と書くこともある乗り物です

読めそうで読めない「艝」
漢検1級、舟部に属する国字です。きれいな字ですね。正解は雪のある景色をイメージすると、出てくるかも!?

さて何と読むでしょう?

これのお陰で探検家アムンゼンは南極点に到達できた!?

南極大陸とペンギン

舟は水上を移動しますね。こちらは雪の字がセットになってますから、雪上を移動するためのものというところまでは推理できますよね。

雪の舟というと、スキー板やスノーボードも舟の形に似ていますけど…違います。では、もう少しヒントを出しましょう。

1911年12月14日、ノルウェーの探検家ロアール・アムンゼンは、これを犬に引かせて人類で初めて南極点に到達しました。

もっとヒント出すと、サンタクロースはトナカイが引いているコレに乗ってやってきます!

もうお分かりですね!

日本人が考えた字。国字はまさに推理小説!

雪上を走る犬ぞり

正解は「そり」です。

実はこの字、漢字のふるさと中国にはない字です。国字と言って日本でつくられた字。
この国字の中には、絵が浮かぶようなきれいな字、推理すると読み方がわかっちゃう字がたくさんあります。

ということで今回はおまけの国字クイズも!

① 「椛」…(ヒント)木に花が咲いているみたいに美しくなるのは?
② 「蓙」…(ヒント)草でつくったモノで座るといえば?
③ 「雫」…(ヒント)雨が降るとポタポタしたたるものは?

これ以外にも、身近に使わている国字には「峠」「働」などがあります。これらも山の上下も境「とうげ」、人が動くから「はたらく」。推理すればなるほどですよね。

で、先ほどの答えは①もみじ、②ござ、③しずく。

国字は世界で一番短い推理小説と言っていいかもしれませんね。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない束子
「束子」読める?なんと日本三大発明の便利な道具!残りの2つは…

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE