収納術

midorimidori

明日も着るパジャマ、どうする?「個人ロッカー」で片付く仕組みを

「個人ロッカー」を設置した脱衣室

「明日も着るパジャマ」や、「寒いときにちょっと羽織るパーカーやカーディガン」など、収納場所に困ってしまう服、ありますよね。整理収納アドバイザーのmidoriさんは脱衣室に「個人ロッカー」を置いたところ、そうした服の定位置が決まり、散らかりにくくなったそうです。詳しくお話を聞きました。

「明日も着るパジャマ」はどこへしまう?

次男(6歳)が脱ぎ散らかしたパジャマ

まずはこちらをご覧ください。次男(6歳)が脱ぎ散らかしたパジャマです(笑)。わが家では非常によく見られる光景でした。

特に秋冬は、パジャマは毎日洗濯せず、2日間着てから洗濯するようにしているため、次の日までのちょうどいい収納場所が必要になってきます。

ソファに掛けた洋服

また、「寒いからちょっと羽織っただけで、まだ洗濯しないからちょっとソファーに掛けておこう」というようなパーカーやカーディガンも、ちょうどいい収納場所があったらいいなあとずっと思っていました。いろいろと考えた結果、脱衣室に個人ロッカーを置くことに決定。

脱衣室のオープン棚にフラップ式のラックを設置

脱衣所につくった個人ロッカー

洗濯機の隣にあるのが、わが家の脱衣室につくった個人ロッカーです。元々あったオープン収納棚に、フラップ式のラックをそのまま入れています。

ラックを入れる前のオープン棚

こちらはラックを入れる前の状態。真ん中の棚にはティッシュなどを収納しています。

「隠したいけど出し入れはしやすくしたい」ものの収納にぴったり

フラップ式のラック

わが家で使っているラックのサイズは幅30×奥行40×高さ86㎝。

フラップ式ラックの扉を開ける

前面の扉を開けてフタを押すフラップ式です。

フラップ式ラックの扉を収納

フタを収納することができ、開けたまま使用することができます。つまり「中身を見せたくないときは閉めたままにできる」「収納したいときは開けたままにし、両手が使える」というとっても便利扉なのです。。

上下に2つのラックを設置したので、6か所の収納スペースができました。夫、私、長男、次男、それぞれが1か所ずつ使えるようにし、あとはの2か所はタオルを収納しています。

来客時以外は開けっ放しにしている個人ロッカー

このように、来客時以外は開けっ放しにしておけるので、「隠したいけどいちいち開け閉めしたくない。でも出し入れはしやすくしたい」というものの収納にぴったりです。

個人ロッカーのおかげで服の脱ぎ散らかしがなくなった

個人ロッカーにパジャマを収納する次男

一番下が次男のスペース。個人ロッカーを設置してからは自分でパジャマをしまうようになりました。

ロッカーのふたを閉める次男

パジャマをしまったらちゃんとフタを閉めてくれます。

「明日も着るパジャマ」を収納

中身はこんな感じ。きちんとたたんで入れるのは、わが家の息子たちにはハードルが高いので、たたまなくてもていいルールにしています。

これなら小さな子にでもできるし、脱ぎ散らかしたパジャマがそのへんに落ちたまま、ということもなくなります。

ソファに掛けてあったパーカーを収納

ちなみにこちらは私のロッカー。さきほどソファに掛けてあったパーカーを入れています。夫も自分の部屋着など入れて活用してくれています。

「そこらへんに落ちている夫のベルトや服」などがあっても、とりあえずここに入れておけばいいルールになっているので、ストレスがだいぶ軽減された気がします

脱衣室に個人ロッカーをつくったおかげで、わが家では「居場所がはっきりしないパジャマ」や、「よくわからないけど散らかる服」がほとんどなくなりました。同じような悩みを持つ方は、ぜひ参考にしてみてください。

●教えてくれた人/midoriさん
整理収納アドバイザー。3LDKマンション暮らし、二人の男の子の母。おしゃれなモノ選びや収納の工夫をInstagramなどで発信中

  • B!