インテリア・雑貨

beachmamabeachmama

食洗機で汁椀を洗うと水滴が残る問題。ニトリのアイテムですっきり解決

高台に切れ目のあるニトリの汁椀

汁椀を食洗機で洗うと高台(こうだい)にどうしても水滴が残ってしまう、という経験ありませんか。せっかく食洗機で乾燥までしているのに、結局ふきんで水滴を拭きとらなければならない。小さなことですが、毎日となるとちょっとしたストレスですよね。

高台に切れ目が入っているニトリの汁椀に出会ってからはそのストレスがなくなった、という日刊すまいライターが、その使い心地について語ります。

ニトリで発見!高台に切れ目のある汁椀

ニトリの汁椀(キッコウシルワンクリーンコート)

その画期的なニトリの汁椀の商品名は「汁椀(キッコウシルワンクリーンコート)」。299円(税込)と購入しやすい価格です。

軽くて手にフィットしやすいニトリの汁椀

店頭に並んでいると普通の汁椀にしか見えませんが、 従来の塗料よりも撥水性の高い塗料を使っているそうです。汚れがつきにくいだけでなく、泡切れや水切れもいいです。

ツルツルとした手触りで重さは70g。とても軽くて手にフィットしやすいので、普段使いしやすい汁椀です。食洗機に対応しているのはもちろん、電子レンジでも使用可能です。

高台に切れ目のあるニトリの汁椀

画期的なのがこの高台の切れ目です。水が流れやすくなるので、高台に残る水滴問題を解決してくれます。

食洗機で2種類の汁椀を洗ってみた

食洗機に入れて汁椀の水切れを比較

実際に食洗機に入れて洗ってみました。今まで使っていた汁椀も一緒に入れて、標準コースで乾燥までした結果を比較してみます。

高台に水滴が少量残っている汁椀

こちらは今まで使っていた切れ目のない汁椀です。やはり高台に水滴が少量残っています。乾燥しやすい配置にしても、高台だけどうしても水滴が残ってしまいます。このまま食器棚に戻すと棚板が濡れてしまうので、ふきんで拭いてから戻さなければなりません。それが地味にストレスでした。

ニトリの汁椀は面白いほど水滴が残らない

面白いほど水滴が残っていないニトリの汁椀

ニトリの汁椀はご覧の通り。高台を見てみると面白いほど水滴が残っていません。撥水性の高い塗料で仕上げていることもあり、水滴が一滴も残らずきれいに乾きます。当然ふきんで拭き直す手間もいりません。手洗いする場合も、少し傾けるだけで水滴が流れるので、自然乾燥でも早く乾きます。忙しい朝なども時短につながります。

毎日使う食器はデザインだけでなく、洗いやすさも大切なポイント。高台の水滴問題に悩んでいる方は、試してみてはいかがでしょうか。

  • B!