体験レポート&リサーチ

山口 真未山口 真未

注文住宅失敗談:カウンターの高さ、わずか2㎝の差で収納プランに悲劇が

リビングに設置したカウンター

念願の注文住宅。自由設計はいい事ばかりと思いがちですが、決めることが多すぎてそれはそれで大変です。

整理収納アドバイザーの山口真未さんが、今も後悔しているのはリビングに設置したカウンターの高さ。やっと間取りと大まかな設備が決まって設計も終盤に差し掛かり、もう考えたくないよと思いながら決めたその高さが、住み始めてみたら2㎝の差に泣かされたという話。

これから家づくりを考えている方はぜひ参考に!

カウンターはダイニングテーブルと同じ71㎝に。それが後悔の始まり

ダイニングテーブルと高さを揃えたカウンター

「カウンターの高さ何㎝にしましょうか?」
住宅メーカーの設計担当者から電話があったのは、家を建て始めてしばらくしてからからのことでした。

その頃は知識もあまりなく、カウンターをどのように使うのかも深く考えていません。そこで購入を決めていたダイニングテーブルと高さをあわせて、71㎝にしてくださいとお願いして取り付けてもらいました。

当初はワークスペースとして使うも、高さが足りず疲労困ぱい

当初はダイニングテーブルのベンチを使ってワークスペースに使用

家が建った当初は、ダイニングテーブルの木製ベンチを兼用して、このカウンターをワークスペースとして利用。ノートパソコンを使って作業をしていました。

ベンチはダイニングテーブルとカウンター両方で座れるように背面のないものをという考えで購入したものです。よい点を言えばオシャレでスペースをあまりとらないで設置できる、悪く言えば中途半端で座り心地がよくありません。

パソコンを仕事で長時間使われる方は、身体に少しでも負担のない椅子を選ばれたりしていますよね。それに比べると、椅子も固く背もたれもなく、しばらく座っていると身体が凝って悲鳴をあげるのです。

また、何かを書いたりパソコンを使うには少し低いのかなとも感じていました。

その後、学習デスクや机などの標準の高さを検索してみたら、72.5㎝~75㎝が一般的なデスクの高さ。この少しの差が長時間利用していると大きな疲労となるのだなと分かりました。そのような理由から、現在はカウンターで作業をすることはなくなってしまいました。

カウンター下を収納に使おうとしても、68cmの壁に泣かされることに

天板の上の高さ71㎝で設置してもらいましたが、板の厚さがありますから床からカウンターまでの高さは68㎝。

引き出し収納を後から入れ込もうとも考えておりましたが、収納家具かケースを購入しようと思ったときにこの68㎝の壁に泣かされることになりました。もう少し高さがあればもっと選択肢も広がったのにと思うと、あの時安易に決めた自分に後悔しています(試しに、楽天で「収納棚 高さ68」「収納棚 高さ70」でそれぞれ検索してみると625件と5399件のヒット数で8倍以上違うことがわかります)。

「造作家具を設置も取り外しも大がかりな作業」と言われがく然!

アフターメンテナンスなどを扱っている住宅メーカー関連会社に、カウンターの下に造作家具を設置してもらうことができないのか聞いてみたことがあります。

答えはNOでした。そして、カウンターを取り外すことも大がかりな作業となってしまうので基本リフォームのときでないとできないと思ってくださいと言われてしまいました。

カウンターとして利用することができなければ、外してダイニングテーブルを寄せてしまえばいいかなと考えていたところだったので、簡単に取り外すことができないと言われたこともショックでした。

現在は、カウンターに合う高さの収納チェストを楽天で探しあて使用していますが、もう少し家を建てる時点で色々考えられていればなあと今でも思うのです。

同じ悩みを持つ人には高さ50㎝程度のデスクワゴンがおすすめ

カウンターの下にはプラスチック製の収納チェストを使用

今は楽天で見つけたプラスチック製の収納チェストを使用しています。ここまでの道のりは大変でした。

カウンターにちょうど合う高さではなく、高さ50㎝程度のものでもよければ、デスクワゴンで検索すると、木製など見た目も上質な収納棚を多く見つけることができます。天板との15㎝ほどの間は、カゴなどを置くこともできます。

すでに家を建ててしまい、カウンター下の収納に困っている方の参考になれば幸いです。

●教えてくれた人/山口真未さん
整理収納アドバイザー。片付けられる仕組みができていれば、散らかしてもすぐにきれいな状態に戻せるという信念のもと、その仕組みづくりを研究中。色彩能力検定級3級、アロマテラピーアドバイザーも保有

  • B!