ペットと暮らす

マルヤマミエコマルヤマミエコ

災害時「ペットと一緒に避難」に必須の100均グッズ。施設などで困らないために

100均のペットグッズ売り場

地震や風水害で避難時に、国もペット同行避難を呼びかけています。しかし、ペットが避難所にいると迷惑、衛生面でも問題があると考えられがちです。そのためにもペット用の避難グッズは備えておきたいもの。

ペットライフアドバイザーで『愛犬のしつけ+15のトレーニング』の著者でもあるマルヤマミエコさんは、大半のものは100均でも揃うと言います。さっそくおすすめのグッズを教えてもらいました。

ペット用避難グッズは100均を活用すれば安く揃う!

100均で揃うペット用の避難グッズ

ペット用避難グッズのセットを購入するのもよいですが、必要に応じて揃えた方が値段的に安く済みます。そこでおすすめしたいのが、100均のペットグッズです。

100均にペットグッズが販売されているのをご存知ない方もいると思いますが、衛生用品、おもちゃ、ウエア、フードなどを取り扱っているところもあるので、上手に活用しましょう。

今回は、ダイソー とキャンドゥで購入した、避難グッズとしてもおすすめのペット用品をご紹介します。

脱臭効果が期待されるダイソーの「炭の力で強力消臭 ペットシーツ」

100均のペットシーツ
まずご紹介するのは、ダイソーの「炭の力で強力消臭 ペットシーツ」(33×45㎝、10枚入り)です。ペットシーツは大きさや素材違いで数種類ありましたが、今回はそのなかから炭を素材に使用しているペットシーツを選びました。

このペットシーツを選んだポイントは、脱臭効果が高いと言われている炭が素材に使用されているからです。

ダイソーの「炭の力で強力消臭 ペットシーツ」

炭素材を使用しているため、ペットシーツの表面が黒いのが特徴です。

避難所には、たくさんの人やペットが集まることが想定されます。そのような場所では、排せつ物のニオイは特に気になるものです。避難所のような場所では特に、脱臭効果のあるペットシーツを選ぶことをおすすめします。

ペット用のトイレシーツは、いざとなったら人間用のトイレとしても使用可能ですので、忘れずに準備しておきましょう。

非常時も排せつ物は放置しないのがマナー。ちゃんと用意を!

100均の「ペットのフン処理袋」と「携帯ゴミ袋ケース」
次にご紹介するのは、排せつ物を拾うための袋です。
「ペットのフン処理袋」(10枚入り)はダイソー、「携帯ゴミ袋ケース」(専用ビニール袋1本付き)はキャンドゥで購入しました。

「ペットのフン処理袋」は日本製で、白濁色のビニール袋に水に流せる紙袋がセットしてあります。袋に手を入れて愛犬の排せつ物をつかんだら、紙袋とビニール袋を裏返しましょう。拾った排せつ物は、紙袋ごとトイレに流すこともできます。

※ペットの排せつ物はトイレに流すのが不可で、ゴミとして処分しなければいけない場合もあります。居住地の役所に問い合わせて確認してください

「ペットのフン処理袋」は白濁色のビニール袋に水に流せる紙袋がセットになっている

「携帯ゴミ袋ケース」は、カプセル形状の容器の中に専用の取り替え用ビニール袋をセットするタイプ。本体と取り替え用ビニール袋は数種類のカラーから、お好きなものを選べます。

専用の取り替え用ビニール袋はケースにセットすることで固定され、袋が出しやすくなります。

「携帯ゴミ袋ケース」はカラビナ付き

「携帯ゴミ袋ケース」はカラビナ付きだからベルトループやバッグに取り付けられる

「携帯ゴミ袋ケース」はカラビナ付きなので、洋服のベルトループやバッグに取り付けることができます。専用のビニール袋ですが、12枚3本セットで販売されていました。

「非常時にペットの排せつ物に気を配る必要はない」と思われるかもしれませんが、衛生管理が困難になる非常時ほど、きちんとした対応が求められるものです。

非常時も、犬の飼い主としてのマナーをしっかりと守りましょう。

避難所の水や食事に!軽くて折りたためるペット用食器は必須

ペット用食器
犬にとって、毎日の水や食事は必須です。これは、避難所にいても同じこと。水やフードは事前に準備して、避難袋に入れておいてください。

しかし水やフードだけあっても、食器がなければ愛犬に飲食させられません。そこでおすすめしたいのが、折りたたみできるタイプの食器です。「折りたためるペット皿」はダイソーで購入。大きさは2サイズなので、犬の体型に合わせて選ぶことができます。

ダイソーの「折りたためるペット皿」

このペット用の食器の特徴は、折りたたみできて軽くてコンパクトな点です。

ダイソーの「折りたためるペット皿」はカラビナ付き

カラビナ付きなので、避難袋の紐や洋服のベルトに引っ掛けて持ち運べます。

ステンレス製や瀬戸物の容器は重くてかさばるので、折りたたみできる食器を準備しておくと便利ですよ。

犬の体を清潔に保つ!ウエットシートの用意も

ダイソーの「ペット用シャンプーウエットシート」

避難所には不特定多数のペットたちが集まるため、清潔が保ちにくくなる可能性があります。避難所にはペットの飼育をしていない人たちもたくさんいると思うので、愛犬の体の汚れやニオイには気を配りたいもの。

ダイソーの「ペット用シャンプーウエットシート」でペットの体を清潔に

ダイソーにペット用の汚れ拭き「ペット用シャンプーウエットシート」(20枚入り)があったので、ご紹介します。こちらは、日本製の紙製シートの使い捨てタイプです。避難所で本格的なシャンプーはできないので、簡易的なウエットシートで対処するのがよいと思います。

シートは薄すぎず、程よい厚みです。また、ウエットシートのソープの香りは、ほのかに香る程度でした。体の汚れを落とすだけでなく、皮膚や被毛のことを考慮して、海洋性コラーゲンが使用されているのもポイントではないでしょうか。

ペット用避難袋に最適なダイソーの「ナップサック」

ペット用避難グッズを入れるのにピッタリなダイソーの「ナップサック」

最後に、ペット用避難グッズを入れるのにピッタリな「ナップサック」をダイソーで見つけました。薄手の生地ですが、手で持つこともできる取手付き。犬連れで避難する場合は両手が空いていたほうがよいので、ペット用避難グッズを入れるのに便利ではないでしょうか。

100均ではタオルや敷物も販売されていましたが、犬は飼い主さんのニオイがするもののほうが安心するので、家で使用しているものを避難袋に入れておくのがよいと思います。

ペット同行避難が必要になったときにあわてることなく、すぐに避難所に向かえるように、日頃からペット用避難グッズを準備しておきましょう!

●教えてくれた人/マルヤマミエコさん
ペット食育協会ペット食育士1級、ペットライフアドバイザー。ライター兼編集者として、雑誌や書籍、webなどで、幅広く活動中。著書に『愛犬のしつけ+15のトレーニング』