収納術

藤野 こと藤野 こと

ハンガーで断然おすすめ!マワ、ニトリ、無印の商品でクロゼットの使い勝手に革命

整ったクロゼット

クロゼットがいつまでも整わない、と悩む方は多いです。クロゼットが片付かないおもな原因は「洋服の多さ」ですが、それだけではありません。

「どんなに洋服を減らしても、ごちゃごちゃして見えるのはハンガーのせいかもしれません。ハンガーが揃っていると洋服が多くてもスッキリ見えます」と話すのは整理収納アドバイザーの藤野ことさん。ハンガー選びのコツと愛用しているハンガーを教えてもらいました。

同じハンガーで揃える効果は?

クリーニングの針金ハンガーやショップのハンガーなど、種類の違うハンガーを使っているとデッドスペースができやすくなってしまいます。

一方、ハンガーを揃えると、より多くの洋服が掛けられ、洋服同士が干渉することがありません。見た目もスッキリ。

だからといって、全部同じハンガーにしようと言っているわけではありません。シャツはシャツ、スカートはスカートといったように洋服の種類に合わせてハンガーを揃えることが大切なのです。

ハンガー選びのコツ

ハンガーを選ぶときに大切なのはサイズ感。洋服に合ったサイズにしないと、型崩れやシワの原因になってしまいます。厚みのあるハンガーはコートやジャケットに、薄いハンガーはシャツやカットソーに。

ハンガーの素材も木製、プラスチック製、アルミ製、ステンレス製などさまざま。洋服の種類や素材、用途に合わせてハンガーを選ぶ必要があります。

たとえば、シャツやカットソーなどは洗濯でもクロゼットでも使えるハンガーを選ぶと洋服をたたむ手間が省けてラクです。

おすすめハンガー4選

わが家では、これまでいろいろなハンガーを試してきました。もちろん使ってみてダメだなと感じたハンガーも数知れず。
ここでは、試行錯誤を繰り返しながらたどり着いた、現時点で愛用しているハンガーを紹介します。

MAWA(マワ)ハンガー

マワハンガー

わが家で使っているのは、マワハンガーのエコノミックとシルエットです。滑り止め加工されているので、サラッとした素材の洋服でも落ちてきません。洗濯ハンガーとしても使い、そのままクロゼットに戻しています。

無印良品「アルミ洗濯用ハンガー」

無印良品「アルミ洗濯用ハンガー」

ワイシャツを掛けるのに使っているのが無印良品のアルミ洗濯用ハンガーです。薄いのでスペースをとりません。洗濯したら、そのままクロゼットに戻せるので便利。シンプルなつくりなので、スッキリして見えます。

ニトリ「すべりにくい省スペースハンガー」「スラックスハンガー」

ニトリ「すべりにくい省スペースハンガー」

ニトリのすべりにくい省スペースハンガーも薄くて使いやすいです。滑りにくいといっても、マワハンガーのように裏地が引っ掛かることはありません。おもに裏地のあるジャケットやハーフコートなどに使っています。

ニトリ「スラックスハンガー」

マワハンガーにも同じタイプのスラックスハンガーがありますが、値段が安いという理由でニトリのスラックスハンガーを選びました。ポールに掛けたまま出し入れできて便利です。

oneger(ワンガー)

ワンガ―

ワンガーは、これ1本でTシャツからスカートやコートまで掛けられる万能ハンガーです。ほかのハンガーに比べて重いので安定感は抜群。全部ワンガーで統一できたらとても使いやすいクロゼットになると思います。

クロゼット収納において、ハンガー選びはとても大切です。わが家もハンガーを変えただけで、使い勝手がグンとアップしました。ぜひ自分に合ったハンガーに揃えてみてください。洋服選びが格段に楽しくなります。

●教えてくれた人/藤野ことさん
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト。クリンネスト2級。家事は「素早くラクに」がモットー。動線を短くして時短家事となる仕組みづくりを考えている。無印や100均などのグッズを使った収納アイデアを考えるのが得意