クイズ 連載

Sumai編集部

「府」の訓読みは?分かると、なぜ大阪や京都が府なのかスッキリします

読めそうで読めない「府」のもう一つの読み方
「ふ」という読み方しかないでしょ?って思っている人多いのでは?

でも、歴史で習った「大宰府」とか政(まつりごと)の中心を「政府」といったり…この字には深い意味があって、それが訓読みになっています。

さて何と読むでしょう?

なんと明治維新の直後には府が10個もあった!

大宰府跡

今では「府」というと京都府、大阪府の2つですが、明治維新直後から廃藩置県(1871年)が制定されるまでのわずかな期間、この2つ以外に函館府、越後府、奈良府など10の「府」がありました。

京都、大阪以外のほとんどが県になっていきましたが、なぜか東京は廃藩置県後も1943年に東京市と合併されるまで、東京府と呼ばれていました。

「府」は中国では軍事や外交、行政の拠点が置かれていた地区を意味し、それが日本に伝わってきたものです。
菅原道真が流された大宰府も、当時は軍事外交の拠点。だから「府」なんですね。

中国では唐から清の時代まで府の下に県が置かれていたように、日本でも戦後に地方自治法が制定され「都」「道」「府」「県」が対等になるまでは、「府」は特別な存在でした。

これが訓読みのヒントです。

考えようによっては、「都」と「府」は同じ意味!?

首都・東京の象徴、皇居と国会議事堂

正解は「みやこ」です。

「府」という字、訓読みすると「都」は同じなんです。

長く幕府が置かれた東京、天皇の御所があった京都、天下の台所・大阪。この3つが重要な場所で、長く「府」と呼ばれてきた理由は分かりましたよね。

実は東京(江戸)に都が移される直前まで、この3つの府を候補にして新しい首都を検討していたという資料も残っています。明治維新の立役者・大久保利通は京都の因習を絶ち、諸外国との外交にも適していると大阪遷都論を建白していました。

西郷隆盛と勝海舟の会談で、江戸城総攻撃が中止にならなかったら歴史は変わっていたかもしれません。

経済的に厳しい状況にあった明治政府が、焼け野原の東京(江戸)に都を移し、ゼロからスタートすることは至難の技だったでしょうから…。

「府」にまつわる歴史ミステリーです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない束子
「束子」読める?なんと日本三大発明の便利な道具!残りの2つは…

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE