暮らしのコツ

Sumai編集部

引っ越したらまずコレ!100均テクで「カビ・害虫・床の傷…」対策を

引っ越し前の新居

引っ越しは大変な作業ですが、できるだけ長く入居時のきれいな状態を保ちたいものです。そのためには引っ越しの当日や、生活し始めた段階での準備が大切。

今回は日刊住まいライターが新居入居時にすき間ガード、防虫対策など、「入居前や入居直後にやってよかったこと」を紹介します。

手に入りやすい100均アイテムを中心に実践した暮らしの準備、引っ越しを控えている方はぜひ参考に!

入居前にまずやるべきは掃除がラクになる、ホコリをためない下準備

わが家が引っ越したのは新築分譲マンションの一室です。念願かなって手に入れた新居。「このきれいをキープしたい!」そんな思いから、引き渡し後から本格的な生活スタートまでに準備を行いました。

全体拭き掃除で搬入前のホコリを拭き取る

何もなくても家は案外ホコリが積もっているもの。フローリングシートや濡れ雑巾などで、床はもちろん、備え付けの棚やカーテンレールの上などの高いところもザッと拭き取りました。

汚れが入らないようすき間を埋める

コンロ回りのすき間

水回りや家全体の巾木の下など、意外と多いすき間部分。特にコンロ周辺は油汚れが入り込むと大変なので、料理をする前にきっちり埋めておきたいですよね。

100均のシリコンすき間ガード

こちらのようなシリコンガードを使って、キッチン以外にもトイレの便器と床のすき間、家全体の巾木と床の間のすき間などを埋めることができます。細かな汚れが入り込みにくくなるので、その後の日々のお掃除がグッと楽になりました。

水回りのコーキングにカビ予防のマスキングテープを貼る

洗面台のキワに施したコーキングをマスキングテープで保護キッチンや洗面台のキワに施されたコーキング。水回りなのでしつこい水アカや汚れがたまりやすいうえに、カビが生えるとあとの処理が面倒な素材です。あらかじめコーキングの上に白のマスキングテープを貼っておけば、定期的に貼り換えるだけで簡単に清潔が保てます。

マスキングテープを貼った洗面台コーキング
お風呂の浴槽エプロンが取り外せるタイプの場合は、フチ下部分のすき間もマステで保護するとよいでしょう。ここから水や湿気が浸入しやすいので、保護することで水分の侵入を防げ、ある程度カビを防げます。

通常のマスキングテープでも問題ありませんが、最近は100均でもカビ防止加工が施された専用マスキングテープがあるのでお好みで選んでみてください。

キッチン、お風呂、トイレ…各換気扇にフィルターを設置

脱衣所の換気扇

換気扇のフィルターは気づかないうちに汚れがたまりがち。あらかじめ不織布や紙製のフィルターを貼り付けておけば、掃除の際に取り外して捨てるだけで交換できて簡単です。
キッチンの換気扇はもちろんのこと、お風呂、脱衣所、トイレの換気扇も専用のフィルターが販売されていますよ。

大物家具の下に傷防止&耐震アイテムの設置も忘れずに!

ダイニングテーブルやソファなどの重さのある家具には、あらかじめ傷防止フェルトシールやジェルなどをつけておくと床が凹む心配もありません。背の高い本棚や食器棚には、さらに耐震ジェル、耐震突っ張り棒などを設置することも忘れずに。

傷防止ソックスをつけたダイニングチェア

続いて細かな傷防止アイテムを導入。ダイニングチェアには椅子用ソックスを履かせるか、裏側にフェルトシールを貼って傷を防止しました。そして、棚や冷蔵庫などの扉が壁に当たる部分がもしあれば、凹みが生じないように緩衝材である丸い樹脂シールを貼るのがおすすめです。

忘れがちな害虫予防。侵入防止キャップや防虫剤でおこたりなく

エアコンの室外ホースに害虫対策キャップ

ゴキブリなどの害虫は実はエアコンから入ってくることが多いんだとか。できるだけ害虫との出会いを無くすためには、入居時にエアコンの室外ホースに害虫対策キャップをつけることが有効です。

入居前にバルサンを焚き、キッチン回り、玄関、ベランダに防虫剤を設置。これで防虫対策は完了!

100均では買えない!お金をかけてでも準備したほうがよいものは?

洗濯機のかさ上げ台

ご紹介した多くのアイテムは今や100均でも揃ってしまうものばかりですが、中にはお金をかけたほうがかえってコスパがよい!というアイテムもあります。

例えば冷蔵庫の下に敷く保護マットは、頑丈なPVC(ポリ塩化ビニル)素材でできたものがおすすめ。洗濯機の下に置いて洗濯パンの掃除をラクにするかさ上げ台も頑丈さが重要なのでしっかりとしたものを選ぶべきでしょう。これらは100均では代わりになるものは手に入りません。

またカビ取り剤などの洗剤類や防虫剤に関しても、パワーが欲しい場合100均アイテムは避けましょう。
長く安定した効果を発揮してほしいもの、強力な効果を求めるものに関しては100均ではなくメーカー品を購入したほうが結果的に長持ちしてコスパもよいはずです。

新居に入居する前にやってよかったことを、100均アイテムでできること中心にご紹介しました。いずれも賃貸でも分譲マンションでも一軒家でも活用できるものばかりなので、新居にできるだけ長くきれいに住みたい!という方はぜひ100均でアイテムをチェックしてみてください。