家事

佐野 久美子佐野 久美子

マステにメモして貼るだけ。調理の手間、冷蔵庫や衣類の整理が断然ラクに

細い黒の油性ペンと白のマスキングテープ
冷蔵庫の食品の食べ忘れ、調味料などの二重買い、注意していてもやりがちですよね。よくつくる料理や自家製調味料なども、分量までは思い出せずどこかにメモしておけばよかった!ということ、あると思います。

整理収納アドバイザー準1級の佐野久美子さんによると、これらは白い無地のマスキングテープと油性ペン1本で解決可能だそう。自分の行動パターンに注目し、ひらめいたという意外なマステの使い方を教えてもらいました。

白マステは貼ってはがせる気楽さがよい!キャンドゥがコスパ最高

在宅時間が増えるとアナログな手書きメモが何かと便利です。

赤いテープカッターを付けた白のマスキングテープ

白マステのおすすめ商品は、画像のキャンドゥ「塗装用白マスキングテープ」(幅12㎜×長さ18m、110円・税込)。幅が狭いですが、細い油性ペンを使って書き込めば問題なし。余白がないため小さな文字でも見やすいメリットも。

何と言っても18mもあるので惜しみなく使えます。品質がよく、切り口が裂けてしまうなどのトラブルはありません。キャンドゥ商品コスパ最高に認定!

キッチン:1行レシピを書いて貼れば、手づくりのハードルが下がる!

おすすめの使い方を紹介します。

よくつくる料理や自家製調味料、さらには手づくりのエコ洗剤など少ない材料でつくる「1行レシピ」の材料を白マステに書き込むアイデアです。

何度もつくるものは行程を覚えていても、分量までは記憶できずメモやスマホのレシピサイトを見返すことが面倒くさいと思ったことからひらめきました。

白マスキングテープに油性ペンで書いた1行レシピ

筆者がよくつくるのは、キッチンで使うクレンザーと自家製の甘酒。

クレンザーは「重曹大さじ4.5、グリセリン大さじ3、ハッカ油15滴」。甘酒は「米麹70g、炊きたて白米280g お湯420cc 55℃設定」ですが自分のメモなので省略でOK。

さらに1行レシピを貼る場所にもポイントが。

白マスキングテープに油性ペンで1行レシピを書いてビンに貼る

クレンザーは空きビンでつくってそのまま使うのでビンに貼ります。

自家製甘酒の1行レシピを白のマスキングテープに油性ペンで書き、ヨーグルトメーカーに貼る

甘酒はヨーグルトメーカー本体にペタリ。1度貼ったらマステが劣化しない限り貼り替え不要です。

使う食材の分量が一見できると手づくりのハードルがかなり下がりますよ。他にもめんつゆ、ドレッシングなどの自家製調味料や、パン、菓子など材料が少ないレシピのリマインドメモとして活用がおすすめ。

自家製調味料の場合は、保存容器の洗浄が発生するため、マステの1行レシピを醤油ボトルやお酢などの容器に貼り、調味料を新調したら貼り替え繰り返し使ってください。

冷蔵庫:食べ忘れ、使い忘れ防止にスマテメモを!食材ストック管理がラク

冷蔵庫では、食べ忘れや賞味期限までに使い忘れを防止するために、容器の目につくところへマステメモを貼ります。

手づくりのコンブ佃煮を入れた保存容器のフタにつくった日付と料理名を記して貼る

画像は手づくりの佃煮。無添加なので早く完食する目標のためにつくった日を書き込みました。

白のマスキングテープに油性ペンでコンソメ有りと書き冷蔵庫ポケットにメモ代わりに貼る

もう一つは冷蔵庫ポケットに使い忘れ防止のメモを書いて貼ること。

冷蔵庫の調味料コーナーに置いているクリップで留めた使いかけのコンソメ

詰め替え容器に入らなかったコンソメの使い忘れ防止策です。些細な事ですが、古いものから順番に使う、二重買いを防ぐなど食材ストック管理に一役買っています。

クロゼット:衣類整理に有効!ワイヤーメッシュの引出しのフチにもピッタリ

モノの置き場所を決めるラベル表示は、整理整頓のために有効な手段です。

衣類を入れたワイヤーメッシュの引出し

とは言え収納容器の形状で引き出し表面にシールやラベルが貼れないものもあります。画像のワイヤーメッシュ製の引出しがまさにそれ。

白マスキングテープに油性ペンで衣類名を書きワイヤーメッシュの引出しのフチに貼る

そこで、衣類名を白マステに書いて上部フチに貼れば完成。矢印が仕分け表示です。

ワイヤー製引出しのフチに貼った白マスキングテープのメモ

いつも引出しを上から覗き込むような使い方をしているので、表面に貼れなくても目視できる事を確信。おかげで衣類の管理がスムーズに。

1本のマステに書いたメモが家事をラクにしてくれます。お試しください。

●教えてくれた人/佐野久美子さん
整理収納アドバイザー準1級。調理師の免許も取得している。「小さな工夫で心地よく暮らす」をテーマに、暮らしを快適にするためのオリジナルアイデアを発信している