体験レポート&リサーチ

島田 大輔島田 大輔

自宅にフィンランドサウナがあったらなぁ。建築家のソロサウナ体験記

フィンランドサウナのイメージ

昨今、空前のサウナブームが到来していますが、そのブームを牽引しているのがフィンランドサウナだと言われています。フィンランドサウナとはどんなサウナなのか、どんな点が魅力なのか、一級建築士で「サウナー」の島田大輔さんが紹介してくれました。

フィンランドのサウナは、我慢するサウナではない

フィンランドサウナを楽しむ男女

フィンランドのサウナは、我慢するサウナではなく、それほど熱くない温度で家族や友人とスチームを浴びてリラックスするのが特長。そしてフィンランドでは3人に1人は家にサウナがある、つまり一家に一台あると言われています。

フィンランドでは、日本のようにサウナ施設に行くのではなく、住まいの中にサウナがあり、プライベートな空間としてサウナが成立しています。サウナの中で気の合う仲間だけで会話ができたり、誰にも邪魔されずに一人だけの世界に没入することができるのは、なんとも羨ましい限りです。

対流式ストーブだから包み込まれるような温かさを感じられる

昨今では日本でもフィンランドサウナと謳ったサウナ施設ができてきましたが、まだまだ少数派。では、日本のサウナと何が違うのかというと、テクニカルの部分では温める熱源(ストーブ)が大きな違いのひとつです。

例外もありますが、古くからある銭湯、スーパー銭湯などで使われているサウナストーブは、遠赤外線型という熱源を多く利用していています。熱効率が良いストーブで、簡単に言うと電気代が安いストーブです。身体に当たっている部分が温まりやすいのが特長です。

一方フィンランドサウナでは対流式ストーブといって全体を暖めるストーブを使用します。体だけでなくサウナ室全体を温めるので、ロスが多いとも言われますが、体感としては包み込まれるような温かさを感じられます。

サウナストーブ

また、ロウリュといってストーブの上に載せられたサウナストーンに水をかけて蒸気を発生させることにより、体感温度を上げることができます。

サウナストーンに水をかけて蒸気を発生させる

これがとっても気持ちが良いのです。これがフィンランド式サウナの醍醐味です。

「ソロサウナtune」は完全個室&横になれるのが魅力

サウナ専門設計事務所のSAUNaiDEA(サウナイデア)によると、「完全プライベートの空間、また自由にロウリュができるサウナ、となるとフィンランドのように自宅にサウナをつくるのが理想的。リフォームは比較的簡単にできます」とのこと。

サウナ

確かに自宅に自分だけのサウナがあるのは、最高ですね。でも、いきなり自宅にサウナをつくるのはさすがにハードルが高い。そこで、まずは完全プライベートでロウリュができるサウナを試してみたい、という方も多いのではないでしょうか。それを叶えるサウナがあるんです。

ソロサウナtuneの内部

それが2020年12月東京・神楽坂にオープンしたばかりの「ソロサウナtune」です。この施設はフィンランド式のサウナを採用しており、なおかつ完全個室で利用できます。誰にも邪魔されずに自分だけの自由なサウナライフを体験できます。

ソロサウナtuneのグループルーム

グループルーム、シングルルームがあり、同性3人までの利用はグループルーム、1人でサウナに没入したい時にはシングルルーム、とそのときの気分や人数に合わせて利用ができます。

ソロサウナtuneのシングルルーム

個室なので他人に見られるということが一切ありません。これはとくに女性サウナーにとっても嬉しいのではないでしょうか。

サウナ室で寝る

また、サウナーとして垂涎モノなのは、サウナ室で寝られること。誰にも見られず、サウナ室で自由に横になれるのはすべてのサウナーにとっての憧れと言えるのではないでしょうか。

ソロサウナtuneの全体

いつか自分の家にサウナを設置したいという方も、ただ単にサウナが好きという方も、体験してみる価値のある施設だと思います。

※取材協力
SAUNaiDEA [サウナイデア]、ソロサウナtune
※写真協力
Visit Finland、Ruka Sauna tour、Harri Tarvainen

●教えてくれた人/島田大輔さん
一級建築士としてフォルテック一級建築士事務所に勤務する傍ら、建築エバンジェリストとして情報を発信中