1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. 木の温もりや心地よい空気に包まれて、家族の笑顔があふれる暮らし

木の温もりや心地よい空気に包まれて、家族の笑顔があふれる暮らし

設計・施工/タカキホーム(2021年萩原邸)(所在地:東京都)

撮影/大内克志

萩原さん夫妻が家づくりを決めたのは、「雑誌で見たタカキホームの家が、木を用いたおしゃれなデザインで私たちのイメージに近く、理想を形にしてくれる」と感じたから。早速、こだわりいっぱいの萩原邸を紹介しましょう。

ベイ松の梁やオークのフローリングなど、木の温もりにあふれたリビング。
床面積に換算されない出窓ベンチを造り付けることで、空間にさらなる広がりを持たせています。

木の肌触りや吹き抜けの開放感を満喫!

萩原邸に一歩入ると、床や梁、階段や建具まで木をたっぷり使った心地よい空間が広がります。

なかでも2階の吹き抜けリビングは、梁を表しにして、高さのある勾配天井を見上げる大空間。「この開放感は、戸建てならではの醍醐味ですね」と、夫は満足げな様子です。
妻も「吹き抜けにするために梁を太くしたそうで、木の存在感が増してナチュラル感が高まりました」とうれしそうです。

「家族の気配が伝わり、コミュニケーションしやすい間取りに」と、吹き抜けや階段でロフトをつなげ、一体化させたLDK。

白が基調の空間にキッチンの壁色が映えます

キッチンのアクセントウォールは、グリーンがかった色をセレクト。光で変わる色のニュアンスも楽しめます。

屋根の傾斜を生かした吹き抜けや、鉄製の筋交いをあえて見せた壁で、リビングの開放感を高めてのびのびとくつろげる空間に。

憧れをぎゅっと詰め込んで、快適な暮らしを実現

夫妻が熟慮した間取りは、1階に個室、2階にLDKと洗面・浴室を配置。「起きてから眠るまで、2階で過ごせるので快適です」と、夫妻は口を揃えます。

友人が子ども連れで集まることが多いので、LDKは十分な広さを確保。料理中も友人と話したり、子どもの姿を見られるように、キッチンは対面式に。配膳や片付けがカウンター越しにでき、時短につながりました。
洗濯の動線にも配慮して、洗面脱衣室には物干しや収納も用意しています。

この快適な暮らしを支えるのが、壁の中の空気を調整する「通気断熱WB工法」です。
夫妻は「室内で干した洗濯物が冬でも1日で乾き、部屋干し特有のにおいもない」と、建物の快適性能に納得の様子。暮らしやすい家となり、家族でくつろぐ時間がさらに増えたそうです。

1
2

1.夫妻で料理をするので、ワークトップは夫の身長に合わせて高めに設定。「カウンターが高くても使いやすいですよ」(妻)。
2.アクセントウォールに取り付けた棚は、お気に入りのグッズを並べてディスプレーコーナーとして活用しています。

階段回りは木×鉄に。素材のミックス感を楽しんで!

3
4

3.黒い鉄製の手すりがアクセントになった木製階段。階段下はカウンターを造り付けてスタディコーナーに活用しています。
4.長男が勉強したり夫が仕事をしたりと、多目的に使っているスタディコーナー。蹴込みのないスケルトン階段なので、ここにいても圧迫感はありません。

5
6

5.造り付けの洗面台は、タオルなどをしまう収納用具が下に置けるように高さを設定。壁厚を生かしたニッチ収納も造作して使い勝手をアップ。また、天井に物干しポールを取り付けています。
6.洗濯機置き場も備えたので、「洗う・干す・しまう」が一気にこなせます。

「僕の部屋ができた!」と長男が喜ぶロフトは、子どもたちにとって格好の遊び場です。

ドアや窓を2か所に設け、将来は2部屋に区切れる子ども室。
左側に設けた高窓は、廊下の明かり取りを兼ねた室内窓です。「ドアを閉めても、子どもの気配が伝わって安心です」(妻)

7
8

7.1階の床はすべて杉の無垢板張り。玄関の右側には土間スタイルの玄関収納を配置。
8.玄関収納の内部は、靴のほかにアウトドアグッズやバギーもしまえる広さを確保。コート掛けとは別に、雨に濡れたレインコートが干せるよう、天井に物干し竿を取り付けています。

白い外壁がシンプルでモダンな印象の萩原邸。建物自体が「耐震等級3」の認定を取得しているので、万一の地震にも強さを発揮します。

Checkpoint

暮らしの快適性が高まる「通気断熱WB工法」

萩原邸で採用したのが、タカキホームの得意とする「通気断熱WB 工法」。自然の力で開閉する通気口に加え、外壁と室内の壁で挟み込んだ通気層で、室内の空気環境を整える仕組みです。左の写真のように、冬は室内の通気口を閉じて気密性・断熱性を高め、夏は下の写真のように室内の通気口を開けて、外気温より低い床下の空気を全体に行き渡らせます。

東京都 萩原さんの家 家族構成/夫30代 妻30代 長男小学生 次男園児 三男乳児

DATA

敷地面積/101.76㎡(30.84坪)
延床面積

98.95㎡(29.98坪)
1階/47.61㎡(14.43坪)
2階/51.34㎡(15.56坪)


用途地域/第1種中高層住宅専用地域
建ぺい率/60%
容積率/200%
構造/木造軸組工法
本体工事費/2500万円
竣工/2019年9月

INSTRUMENTS

厨房機器/タカラスタンダード
衛生機器/TOTO、オリジナル
窓・サッシ/LIXIL

施工実例別
キーワード
ナチュラル
吹き抜け

工務店プロフィール

社名:タカキホーム

所在地:東京都

建築エリア:東京都多摩・武蔵野エリア、23区西部エリア、埼玉県南部

ひとこと:「家族が元気になる家」をつくります!

健康的に暮らせる丈夫な家づくりが得意

タカキホームの家づくりは、「通気断熱WB 工法+長期優良住宅」によってシックハウスやぜんそくなどから家族を守ります。さらに、「パッシブデザインの家」や、耐震等級3 を標準とする「地震に強く長持ちする家」にも対応。どの住まいにも、グループ企業の住宅資材販売会社から、良質な木材をリーズナブルに提供できるので、木をふんだんに使った家づくりが楽しめます。

タカキホーム(2021年萩原邸)

気軽に立ち寄れるように、社内にはキッズコーナーや雑誌が見られるコーナーを併設。

  • ●社名/タカキホーム(2021年萩原邸)
  • ●代表/飯田博之
  • ●住所/〒184-0004 東京都小金井市本町1-12-6
  • ●電話/042・387・5555
  • ●年間建築棟数/新築10棟、リフォーム340棟
  • ●設立/1980年5月

飯田博之

住宅資材の販売会社や建設会社で家づくりの経験を積み、その後、タカキホームに入社。誠実・温厚な人柄で、建主や職人からの信頼が厚い。

この工務店のホームページを見る

スタイル別
キーワード
ナチュラル
自然素材の家