クイズ 連載

Sumai編集部

「拵える」読める?英語で言うとmake。古い言い回しだけど意外と使っている言葉

読めそうで読めない「拵える」

手偏に存在の「存」。存は生存、存亡、存続…。「ある」とか「生きている」の意味。

ということは、手がかけられてこの世に生まれたモノ? ほぼ正解です!
さて、何と読むでしょう。

歌舞伎などの舞台でも「拵え物」が大活躍!

歌舞伎の拵え物

たとえば歌舞伎の舞台で使う刀、本物だったら大変なことになりますから、似せて危なくないものを使っていますね。マサカリとか金棒などは、役者さんが演じやすいように軽くしたり、客席からも観やすいように実物より巨大につくったりします。

こういう舞台上の効果を考えてつくった道具のことを「拵え物」と言います。

また、建築用語でも使われています。型枠工事は型枠となるパネルを組み立ててする工事。大半の型枠は使い回しですが、その都度制作する型枠が必要になることもあり、これを「拵え物」と言います。

読み方、分かりましたか?

コブを拵える、お弁当を拵える…身近でも使っているはず!

お弁当を拵える

正解は「こしらえる」です。

「朝、早起きしてお弁当をこしらえてきた!」「息子がコブこしらえて帰ってきた」「なんとか頭金をこしらえたので家を買う」…。

これらのフレーズに入っている「こしらえる」は漢字で書くとすべて「拵える」です。

この「拵える」をそのまま「作る」に言い換えても意味が通じますよね。ですから英語で言うとmakeという訳です。

実はこの「拵」、刀剣愛好家や『刀剣乱舞』のファンの間では、読めて当たり前の漢字です。それは刀身を入れる鞘(さや)や柄(つか)、鐔(つば)といった日本刀の外装のことを「拵(こしらえ)」と呼ぶからです。

『鬼滅の刃』の話になったとき、「煉󠄁獄さんの日輪刀の拵、かっこいいよね!」とかいうと目の色が変わるかも!

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「菫」
「菫」読める?アニメキャラの名前にもよく使われる、かわいらしいけど危険な花!?

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE