家事

藤野 こと藤野 こと

無印「アルミ直線ハンガー」で家事の不満を解消、たたむ手間も省く

無印良品「アルミ直線ハンガー」とプラスチックのハンガー

毎日の洗濯家事。イラっとしたり、不便を感じたりするものです。たとえば物干し場。よくある丸型や四角いピンチハンガーは広げるとかなりの場所取りに。小物をちょっと干そうとすると不便なときも。

「もっと省スペースのピンチハンガーがあればいいのに…と思っていたところに見つけたのが、無印良品のアルミ直線ハンガーでした」

そう語るのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。物干し場の省スペース化が実現したほか、洗濯以外の便利な使い道も発見!その活用術を教えてもらいました。

無印良品「アルミ直線ハンガー」はココが便利!

無印良品「アルミ直線ハンガー」

無印良品の「アルミ直線ハンガー」(490円・税込)は、横一列にピンチが6個ついています。横幅は35㎝。厚みがないので、ちょっとした隙間さえあれば洗濯物が干せます。

靴下やマスク、ミニタオルなどの小物を干すのにちょうどいいサイズ感。特に靴下は3足までセットで干せるので、ペアを間違えにくくなります。レギンスや子ども服を干すときにも便利です。アルミ洗濯ハンガーを2つ使えば、物干し竿を占領するバスタオルも省スペースで干せます。

わが家は浴室乾燥なので外干しはしていません。浴室は干すスペースがとても狭いため、ピンチハンガーを2つ使ったら洗濯物を全部干せないときもありました。ですが、アルミ直線ハンガーを購入してからは、ピンチハンガーは1つで十分。もう1つは処分してしまいました。

洗濯以外にも!便利な使い方

洗濯ハンガーとして使う以外に収納アイテムとしても活躍してくれます。おすすめの使い方は3つ。

クロゼットの子ども服や小物用ハンガーとして

無印良品「アルミ直線ハンガー」で子どものズボンやスカートを干す

アルミ直線ハンガーで子どものズボンやスカートを干したら、そのままクロゼットへ。洗濯物をたたむ手間が省けます。

靴下や帽子を吊るしておくのにも便利です。シンプルなデザインなので、クロゼットでも邪魔な感じはしません。

玄関に小物を吊るしておく

無印良品「アルミ直線ハンガー」で小物を吊り下げ収納

手袋やマスク、帽子などの小物類は、朝出かけるときにうっかり忘れてしまうときがありませんか?アルミ直線ハンガーを玄関の壁つけフックに掛けて小物を吊るしておけば、忘れ物防止になります。

家族分のマスクを吊るしておけば「マスクどこ?」と聞かれることもなくなるでしょう。もし忘れたとしても、靴を脱がずに取りに戻れるのでラク。

キッチンやリビングにメモやプリントを吊るしておく

買い物リストのメモや提出用プリント、振込用紙などを吊るしておいても便利です。すぐ目に入る位置にあれば、処理が必要なものを忘れずにすみます。

ちょっと気になる点も…

とても便利なアルミ直線ハンガーですが、気になる点もあります。

  • ハンガー同士を並べるとピンチが絡まりやすい
  • 吊るすモノによっては偏りが出てしまう

使い方に慣れてくれば問題なくなりますが、最初は上記の2つがプチストレスになるかもしれません。

とはいえ、このハンガーを使うようになってから、洗濯の省スペース化が実現。洗濯小物の迷子も減り、家事の時短になりました。そして収納アイテムとしても優秀!ぜひ一度使い勝手を試してみてください。

●教えてくれた人/藤野ことさん
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト。クリンネスト2級。家事は「素早くラクに」がモットー。動線を短くして時短家事となる仕組みづくりを考えている。無印や100均などのグッズを使った収納アイデアを考えるのが得意