クイズ 連載

Sumai編集部

「齷齪」読める?この状態だと、頑張っていても上司はなかなか評価してくれません

読めそうで読めない「齷齪」

どっちも歯が付いている漢字。見慣れない漢字ですが、会話のなかでは割と使われます。

歯医者さんとは関係ありません。時々あなたもそうなっているかもしれないことです。
さて、なんと読むでしょう?

気持ちに余裕がなくなると、あなたも陥るかもしれないこと

テンパっているビジネスマン

よく「齷齪と働く」などという言い方で使われます。

齷齪は、「目先のことに追われて、忙しそうで気持ちに余裕がない様子」または「細かいことを気にしすぎて余裕がない様子」という意味です。
あなたもこういう状況に陥っていたりしませんか?

忙しいことは悪い事ではありませんが、この言葉には「忙しそうで」とか「余裕がない」という説明があるように、周りからは「せわしくて、落ち着かない」ふうにしか見えません。
今風の言葉で言えば「あいつテンパってる」ということでしょうか。

頑張っているんだけど、上司や仲間には評価されない、ちょっと悲しい2文字です。

齟齬と似ているけど、よく見ると全然違う2文字

齷齪と働く

正解は「あくせく」です。

「そご」だと思った人いませんでしたか。
そちらは齟齬です。同じように歯偏2文字ですが違います。ちょっと齟齬がありましたね(笑)。

真面目に頑張っても余裕がないとミスを起こしがち。だから「そんなに齷齪するなよ!」などと言われることもあるわけです。齷齪しちゃいけないことは分かるけど…仕事も家事もやらなきゃいけないことが山積みですよね。

ちなみに齷齪の対義語は「悠々」。
ゆったりと落ち着いたさまの意味です。よく「悠々自適」という4文字熟語で使われます。のんびりと心静かに、思うまま間に過ごすということ。

「齷齪」よりは「悠々」と暮らしたいものです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「府」のもう一つの読み方
「府」の訓読みは?分かると、なぜ大阪や京都が府なのかスッキリします

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE