クイズ 連載

Sumai編集部

「蛞」読める?暖かくなってくると、田んぼや池に現れるかわいい生き物

読めそうで読めない蛞
漢字と見ると舌みたいな形をした虫かな?って思いますよね。たしかに見ようによっては「舌」に似ていますが…虫ではありません。春になると田んぼや池で見る、あのかわいい生き物のこと。

さて、何のことでしょう?

蛞蝓だとナメクジだけど、「蛞」1字だと全然違う生き物!

音符

「蛞」という字、はじめて見た!という人も多いと思います。
この字はほかの生き物の名称として使われることもあります。ナメクジを漢字で書くと「蛞蝓」なんです。でも、この漢字1字だと、全然違う生き物の名称になります。

これの形が「♪」に似ていることで、音符のことを蛞と言ったりします。

音楽の時間を思い出してください。そう、それが正解です!

神社の縁起物と形が似ているからこう呼ばれたという説も!

おたまじゃくし

正解は「おたまじゃくし」です。

漢字1文字だと「蛞」と書きます。

実はおたまじゃくしにはほかに2つ漢字があてはめられます。

中国語の「蝌蚪(かと・kēdǒu)」。もう1つが馴染みのある「御玉杓子」です。これなら「おたまじゃくし」って読めますね。

なぜ、おたまじゃくしのことを御玉杓子と書き、そういう名称になったかについては面白い説があります。

日本最古の書物『古事記』にも出てくる多賀神社では、縁起物として杓子が授けられてきました。カエルの幼生がこの「お多賀杓子」にしていることから、「お多賀杓子→御玉杓子」と漢字が当てられ、「おたまじゃくし」と言われるようになったという説です。

神社には今も巨大な「お多賀杓子」が飾られています。見ていると確かに、おたまじゃくしに見えてくるから不思議です。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「鉞」
「鉞」読める? むかし話のヒーローがかついでいるアレのことです

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE