収納術

FujinaoFujinao

ランドセル収納は「ドン!」と置くだけに。子どもの負担が少なくて、片づけグセも

入学式の黒板
もうすぐ春。新入学を控えたお子さんがいる方は、ランドセル置き場について悩んでいるのではないでしょうか。
小学生男子が2人いる整理収納アドバイザー・Fujinao(フジナオ)さんのお宅では、重たいランドセルを「ドン!」と置ける高さにこだわり、ランドセル置き場をつくったそうです。実際に使ってみての感想や、ランドセル置き場をつくる際のポイントについて詳しく聞きました。

上に「ドン!」と置くだけのランドセル収納なら負担が少ない

無印良品の木製棚を使ったランドセル収納

子どもが小学校に入学すると、用意しなければならないのがランドセル置き場です。写真は小学生男子が2人いる我が家のランドセル置き場。一昨年まではこのような形でした。

使っているのは無印良品の木製の棚。兄弟で左右に振り分け、上段にはランドセル、その下に教科書などを収納しています。子どもたちが簡単にランドセルを戻せるよう、上に「ドン!」と置ける高さにこだわりました。

教科書が入っている重たいランドセルを引っ掛け収納に掛けるのは小さな子どもにとって想像以上に大変なことです。
なるべくラクに片づけを続けられるように、負担の少なさにこだわりました。

帰宅後、子どもたちはランドセルを背負ったまま棚に直行し、そのまま棚に「ドン!」と置くのが習慣になりました。

リビングの隣にある子ども部屋にランドセル置き場を設置したことで、移動が最小限で済み、片付けのハードルを下げる要因のひとつになっていたと思います。

無印のスチールシェルフもランドセル収納にぴったり

無印良品のスチールシェルフを使ったランドセル収納

その後引っ越しをしたため、無印良品の木製棚は夫が単身赴任先に持っていき、現在のランドセル置き場はこのような形になりました。

無印良品のスチールシェルフを選びましたが、今までと同じように上に「ドン!」とランドセルを置けるサイズで、ラントセル収納にぴったり。仕切りがないので、100均の書類ボックスなどで仕切っています。

ウォークインクローゼットの中にあるランドセル収納

このスチールシェルフが置いてあるのはリビングの近くにある1階のウォークインクローゼットの中。ちなみに、子ども部屋があるのは2階で、1階にはリビングとサニタリー、寝室があります。

2階にランドセル置き場をつくってしまうと、階段の上り下りが面倒で片づけが続かなそう、と考えての結論です。

ウォークインクロゼットまではリビングから歩いて8〜9秒ほどかかりますが、一旦習慣になってしまえば子どもたちはそれほど面倒ではないようです。

ウォークインクロゼットは左右に奥行きがあるので、ランドセル置き場の近くにおもちゃ置き場もつくることができました。自分たちのモノがそのエリアに集まっているので使いやすいようで、面倒くさがらずにここにランドセルを戻してくれます。

筆者がランドセル収納をつくるときにこだわったのは2点。子どもがいつも活動する場所から遠く離れすぎない位置に設置することと、上に置くだけのシンプルな収納方法にすることです。ランドセル置き場に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

●教えてくれた人/Fujinaoさん
整理収納アドバイザー。転勤族の経験から「少ないモノで豊かに暮らす」アイディアと暮らし方を提唱している。個人宅の片付け実績は300件超。モノの呪縛から解き放たれる魔法のような言葉を載せたインスタが人気を集めている。著書に『片づけの力 私たちは、もっと美しくなれる、部屋も、心も、人生も。』がある