クイズ 連載

Sumai編集部

「睇る」読める?物陰に隠れてこんな見方してることありませんか

読めそうで読めない「睇る」

目偏に弟。あまり見ない字ですね。見ていることを表す漢字なんですけど、よい意味ではないかも。

さて何と読むでしょう?

漢字1字だと「よこめ」「ながしめ」という読みも

ゴリラの流し目

「睇」という字は音読みすると「テイ」と「ダイ」。これは小学校で習った「弟(おとうと)」の訓読みと同じですね。
これが訓読みだと「よこめ」「ながしめ」と読みます。「おとうと」とは全然違いますね。

「ながしめ(流し目)」というと、古くは杉良太郎の『遠山の金さん』、最近でも「流し目王子」こと早乙女太一など、いい男が女性の気を引くような目つきを思い浮かべると思います。

しかし本来の意味は「顔を向けずに、ひとみだけを横に動かして見ること」。気づかれずに見るということ。

たから「よこめ(横目)」「ながしめ(流し目)」「睇る」は、同じようなことの言い方と言えそうです。
大ヒントを出しました。分かりましたか?

そう!こっそり見るという、あの言い方が正解です

物陰に隠れて見ている猫

正解は「ぬすみみる」です。

横目でちらっと見る、人に気づかれないようにこっそりと見る、あの「盗み見る」と同じ意味です。

使うことはないかもしれませんがこの「睇」は、漢字検定で出題される目偏の漢字にも入っています。10級の「目」、9級の「直」…4級の「瞬」「眠」と続き、は1級で出題される漢字。

難しい漢字ですけど、「ながしめ」という読み方と合わせて知っていると、ちょっとカッコいいかも!?

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「鉞」
「鉞」読める? むかし話のヒーローがかついでいるアレのことです

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE