クイズ 連載

Sumai編集部

読める?「蔓延」るコロナで給料が下がった。まんえん、じゃないよ

読めそうで読めない「蔓延る」

文字通り、元の意味は「蔓(ツル)が延びる」、「草木が生い茂る」と同じです。でも、結構ネガティブな意味にも使われたりします。
さて、何のことでしょう?

蔓延るのは草木だけじゃなくて、感染症や暴力も!?

非常事態宣言が出て警戒中

たとえばこんな使い方もします。

「感染症が蔓延っていて、非常に危険な状態です!」
「クーデターで無政府状態となり、暴力が蔓延っていた」

そして、最初に説明した「草木が生い茂っている」という意味で
「手入れしていない庭には、雑草が蔓延っている」
というような言い方もします。

この3つの例文から、もう読み方が分かったのでは?

ヤブカラシなんて名前のツル草があるくらい生育旺盛!

壁に張り付いたヤブカラシ

ツル性の植物というと、葛(くず)が有名ですが、空き地の金網などに巻き付いたヤブカラシもよく見かけます。葉とともに巻きヒゲが伸びて木でもフェンスでも巻き付き覆い隠します。

なんせヤブも枯らしてしまう!という名前がついているほどですから。草刈りが追い付けないほど生育旺盛です。

「よくないものが広がり盛んになる」という意味でよく使われる

パンデミックを止める

正解は「はびこる」です。

生育旺盛なツル草が広がって行くようなイメージで、「よくないものやことが広がり盛んになる」という意味でよく使われます。「のさばる」という言葉に近いですね。

だから悪が蔓延る、暴力が蔓延るという使い方されるのです。今、大流行しているコロナウイルスも「蔓延っている」という言い方してOKです。

確かにツルが伸びて広がり家を覆いつくすように、コロナが世界中に広がっているイメージと「蔓延る」といういう漢字、あっていると思いませんか?

根を切ればツルが枯れて蔓延らなくなるように、コロナウイルスも根絶されることを願うばかりです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「嚏」
「嚏」読める?コロナ禍の今、人前でするときは特に注意が必要です

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE