収納術

岩佐弥生岩佐弥生

失敗しない収納家具の選び方。使いやすさと片付けやすさを両立する5つのポイント

失敗しない収納家具の選び方
引っ越しや新生活がスタートする季節。シンプルで快適な暮らしを手に入れるチャンスです。そのカギになるのが収納家具。しかし部屋に配置したときの存在感やインテリアにも影響することから、選ぶのが難しいのも事実です。

そこで整理収納アドバイザーでキッチン収納コンサルタントとして活躍する岩佐弥生さんに、プロの目線でどのように選ぶといいか教えてもらいました。ポイントは5つ、ぜひ参考に。

「何を入れたいのか?」「どれくらい持てば十分か?」を明確に!

安易に収納家具を増やすのはNG
モノが増えてきたからと安易に収納家具を増やしても、暮らしは快適にはなりません。また、今後モノが増えそうだからという理由で収納家具を購入しても必要のないモノが増えていくことにつながります。

そこで、「何を入れたいのか?」、「どれくらい持てば十分か?」を明確にし、それに合った収納家具を選ぶとよいでしょう。

「腰の高さ」は取り出しやすい高さ、でもポンと置きやすいので要注意!

腰の高さの家具はモノが使いやすく取り出しやすい高さ

腰の高さはモノが使いやすく取り出しやすい高さになります。ここによく使うモノを収めるととても便利ですが、一方で「モノがポンと置かれやすい高さ」でもあります。

テーブルの上についモノを置くクセがある方は、腰の高さの収納家具の上にもモノを置くようになります。特に、書類や小物類を置き始めたら一気に散らかってしまうことに。

そこで、こまごましたモノが置かれないように工夫したり、モノを置けない高さやデザインの収納家具を選ぶのがおすすめです。

収納するモノを「見せる」か「隠す」かを決めてから家具を選ぶ!

収納するモノを見せるか隠すか決める

収納には、表に出してモノを収納する「見せる収納」、モノを扉などに入れて収納する「隠す収納」があります。「見せる収納」と「隠す収納」を組み合わせた収納家具も使い勝手がよく人気です。

「見せる収納」の特徴

サッと取り出せて、戻すのもラクなので日々よく使うモノの収納やインテリアディスプレイとしての使用もおすすめです。ただ、掃除は隠す収納よりも時間がかかります。

「隠す収納」の特徴

空間をスッキリ見せることができ、掃除がラクで時短になります。見せたくないモノやストック収納にもおすすめです。ただ、モノを取り出す動作回数は見せる収納よりも若干増えます。

例えば、子どもが使うモノは隠して収納するより、見える化したほうが使いやすく片づけやすくなるため、「見せる収納」がよいでしょう。

逆に、生活感が出過ぎるモノや来客時やオンラインミーティングで人に見せたくないモノは「隠す収納」にすることで空間はスッキリします。使用頻度が高いモノを隠す場合は、特に「動作回数が必要以上に増えないよう意識」して収納すると使い勝手がよくなります。

部屋のどこに置くか、あらかじめ「配置場所」を決めておく!

リビング、書斎、子ども部屋など、収納家具はさまざまな場所で活躍してくれますが、部屋のどこに配置をするかもしっかりと決めておきます。

アナログ派は家の間取り図に手書きで書き込んだり、デジタル派は家具配置をシミュレーションできるアプリを使うと便利です。

内覧後や引っ越し後に収納家具を購入するのであれば、部屋の写真を撮影し、パソコンで収納家具の画像を挿入してみるのもおすすめです。壁面収納など、家具の色や大きさによっては圧迫感のあるイメージになる場合もありますので、お部屋のイメージの確認に役立ちます。

奥行きは「A4サイズ」、棚板が調節できるタイプだと空間をうまく使える

家具を選ぶときは奥行きは「A4サイズ」を意識して!

書類やノートはもちろん、カバン、ファイルボックス、クリアファイルなど、A4を意識してつくられているモノは多数あります。これまで、あともう少し奥行きがあればよかったのに…という経験はないでしょうか?

そこで、A4サイズ+α(数cm)の奥行きが確保されている収納家具を選ぶと便利です。ファイルボックスも安心して入るので、アイテム別に収納分けもしやすくなります。また、今後収納するモノを変えたい場合にも幅広く対応できます。
※A4サイズ:210㎜×297㎜

収納家具は棚板の調節できるものがおすすめ

こちらは造作家具です。「棚板の調節」ができるものを選ぶと、高さが違うモノの収納もでき、空間を上手に使うことができます。

棚板の調節ができる既成の家具

そして、こちらは既成の家具です。造作家具でなくても棚板を調節できるものが売られています。このように棚板を自由に変えられると、収納空間にムダなスペースが生まれないのが分かりますよね。

収納家具を選ぶ際、見た目のデザインにはこだわって吟味しますが、意外と「収納面」はさらっと流しがちです。好きなデザインやインテリアにマッチするかの見た目ももちろん大事ですが、収納面での選ぶポイントを押さえておくことで、その後の暮らしやすさは劇的に変わります。

めったに買い替える買い物ではないからこそ、事前にチェックしてから購入してみてください。

●教えてくれた人/岩佐弥生さん
整理収納アドバイザー、キッチン収納コンサルタント。収納用品を賢く使い、見た目も大事にしながらも絶対にハードルをあげない「シンプル」で「上質」な暮らしをモットーに活動。「happy storage」という収納雑貨店もオープン