体験レポート&リサーチ

Sumai編集部

寒いトイレや脱衣所に、セラミックファンヒーターを。すぐに暖まって使いやすい

セラミックファンヒーターを設置
寒い日は暖かいリビングから、お風呂やトイレに足が進みません。そんなとき頼りになるのがセラミックファンヒーター。立ち上がりが早くて場所も取らないので人気です。

今回は日刊住まいライターが購入した「アンドデコホーム(AND・DECO HOME)」のセラミックファンヒーターの使い心地をレポート。購入を検討している人は、ぜひ参考に。

セラミックファンヒーターの購入の決め手は、速暖+軽い+コンパクト!

アンドデコホームのセラミックファンヒーター(4999円~・税込)は、「楽天市場」の「セラミックファンヒーター・電気ファンヒーターランキング」でも上位の商品。ここでは筆者が購入するに至ったポイントについて紹介します。

速暖ですぐに快適!

セラミックファンヒーターの設定ボタン

セラミックファンヒーターを導入したいと思ったきっかけは、脱衣所が寒くなかなか子どもがお風呂に入りたがらなかったこと。お風呂に入る前にすぐに脱衣所空間を暖めてくれる暖房機器を探していたとき、立ち上がりが早くスイッチを入れてすぐに温風が出るセラミックファンヒーターを発見。そのなかでも、アンドデコホームのスッキリとしたデザインにひかれました。

軽いので持ち運びもラク

セラミックファンヒーターの背面画像

本体重量が約2.1kgと軽量なことも購入のきっかけに。脱衣所での使用はもちろん、寒いトイレでも使用したいと思っていたからです。背面には、持ち手がついているので片手で持ち上げられ移動も簡単。使う場所を変えたいときや、掃除の際も簡単に動かせるので便利です。

コンパクトなので場所を選ばない

セラミックファンヒーターの大きさ比較の画像

トイレや脱衣所など狭いスペースでの使用に加え、オフシーズンの収納スペースをあまり取らない大きさであることもポイントでした。本体は、横幅約24cm、奥行約11cm、高さ約33cm。500mlのペットボトルを並べて比較してもこの大きさです!使わないときの収納スペースにも困りません。

浴室と温度差が大きい脱衣所、足元が気になるキッチンにも活躍!

筆者がセラミックファンヒーターを使っているのは3つの場所です。

浴室との温度差が大きい脱衣所が2~3分で快適に

お風呂に入る前、お風呂から出たあとに脱衣所が暖かいと着替えもスムーズ。2畳くらいの脱衣所スペースが2~3分で快適な温度になるので、子どもも嫌がらずにお風呂に入ってくれるようになりました。

トイレが暖かいと子どものトイレトレーニングも進む

セラミックファンヒーターをトイレに使用

お風呂と同様、寒いトイレになかなか行ってくれなかった子どもも、セラミックファンヒーターを導入したことで、進んでトイレに行くように。トイレが暖かいと、もちろん大人も快適です。人感センサーがついているので、夜にトイレに起きてもすぐに暖か!効率よく暖めてくれます。

足元の寒さが気になるキッチン

対面キッチンのわが家では、リビングのエアコンがついているものの、足元の寒さが気になっていました。コンパクトで軽いセラミックファンヒーターは、移動がラクなので食事準備中は、足元に。セラミックファンヒーターの導入により、快適に料理や家事ができるようになりました。末端冷え性の筆者にとって、今では手放せないアイテムです。

ちなみに、アンドデコホームのセラミックファンヒーターは、600Wと1200Wで切り替えが可能!600Wでも暖かい温風が出ます。切り忘れ防止機能も搭載されており、未操作の状態が4時間続くと自動で電源がOFFされるしくみです。狭い空間+短時間の使用では電気代はあまり気になりませんでしたよ。

広い部屋を暖めるには不向きだが、子どもにも安心な機能がうれしい!

軽くてコンパクトな点がメリットですが、そのぶん軽くぶつかるだけで倒れてしまう可能性も。本体が軽いのですぐに元に戻せますが、狭いスペースで使用する場合は、セラミックファンヒーターを倒さないように気をつけています。

また、リビングなど広いスペース全体の温度を上げるには不向き。エアコンなどのメイン暖房機器のサブアイテムとして使うのがおすすめです。

セラミックファンヒーターは、石油ヒーターと異なり、燃料を使わないため、給油や換気の手間も省けます。転倒時に自動でOFFされる機能や、チャイルドロック機能もついているため、小さな子どもがいる家庭でも安心です。