暮らしのコツ

Sumai編集部

掲示板「ジモティー」を使って0円!不用品の処分と欲しかったものをゲットしてみた

ダイニングのインテリア

「引越しの荷物を少なくしたい」「もう使わない育児用品を処分したい」と考えたときに、悩みのタネは処分方法。特にまだ使える大型家具や家電などは処分するにも費用がかかるし、リサイクルショップに持って行くのも手間。フリマサイトでは高額な送料・手数料がかかる…。

そこで日刊住まいライターが、地元交流サイト「ジモティー」の利用に挑戦。処分したいモノを引き取ってもらえ、欲しかった家具やインテリアの小物もゲットでき大満足。その体験をレポートします。

ジモティーは無料で利用できて、やりとりも簡単・スムーズ!

ジモティーとは、地元特化型の交流掲示板サイト。指定したエリアでさまざまな募集をかけられるので、おもに不用品譲渡やメンバー募集など「地元の人、近所の人に見てもらいたい!」情報を発信できます。

地元ユーザーが取引相手のため梱包や発送などの手間もなく、必要としている人の手にスピーディーに渡せます。また登録料、手数料、使用料が全て無料なことも大きなメリットです。ユーザーとのやりとりもLINEアプリのような簡単なメッセージ機能のみ。難しい操作は必要ありません。

登録自体は数分程度。初挑戦で大型家具や育児用品の処分に成功!

ジモティーに出品したキャビネット

わが家は引っ越しで処分したい大物家具をジモティーに登録。登録自体は数分程度で簡単にできました。出品物は食器棚、キッチンワゴン、ウッド調クッションフロア、カラーボックス、姿見ミラー、衣類収納ケース、ダイニングテーブルなど。

どれもまだ使えるものばかり。そのほか、プレイジム、ベビーゲートなど不要になった育児用品も同時に出品しました。

出品の際は自由に価格をつけられますが、ジモティーでは0円から価格設定できることも特徴です。今回は0円から1000円程度の値付けで出品。

すると、何人ものユーザーから次々とチャットで問い合わせが。それぞれに都合が合いそうなユーザーとやり取りを進め、自宅まで品物を取りに来ていただく運びとなりました。

ジモティーのチャットでやり取り

取引が決まれば、あとはある程度拭き掃除などのメンテナンスをして、引き渡しをするのみです。引き渡しが無事に終了したら、お互いにユーザー評価をしてお取引完了!

こんな流れで、あっという間にわが家の大物品の処分は完了しました。お金も手間もかかることなく家がスッキリして、とっても気持ちがよかったです。

ジモティーでおしゃれなインテリアアイテムを0円でゲット!

ジモティーで譲ってもらったキッズチェア

不用品処分を目的に始めたジモティーですが、続々と出品される品物を眺めていると中には「欲しい!」と思うものもありました。そこで、譲る側だけでなく譲ってもらう側にも挑戦してみることに。

気になる品物があれば、ガイドの指示に従って出品者に「譲ってください」のメッセージを送ります。このメッセージ文面も、テンプレートが用意されているので簡単ですよ。引き取り場所や日時、価格について出品者の方と合意が取れれば、あとは受け取りに行くのみ。

わが家はキッズチェアを持っていなかったので、0円で出品されていたアンティークチェアを譲っていただきました。状態がきれいで雰囲気もよく、息子のお気に入りチェアとしてダイニングで大活躍しています。

ジモティーで譲ってもらった鏡

そのほか、アンティークのラタンミラーや、無印良品の収納ケースなど、まだまだ活躍しそうな状態のよいものも0円でお取引。
不要になった人にとっては処分に困るものを無料で引き取ってもらえ、必要としている人にとっては破格で品物を譲ってもらえる。ジモティーはそんなニーズを合理的に満たすシステムだと実感しました。

ジモティーを利用するうえで、注意したい4つのポイント

ジモティーの出品画面

最後に、ジモティーを利用する上でのポイントをご紹介します。

出品物の写真を分かりやすく撮影

出品の際は、全体画像、細部の画像や付属品などを細かく撮ることがポイントです。また、ダメージがあればその部分も撮影しておきます。

商品説明は詳しく

商品説明には、サイズやだいたいの重量感(運ぶのに大人2人は必要です。など)、使用年数などを記載すると親切です。分かればメーカー名や品番、購入先、定価なども掲載するとグッと見てもらいやすくなりました。

取引上の希望も記載

自宅での受け渡しを避けたい場合は、最寄りのスーパーなど希望の取引場所を商品説明やプロフィールに記載するのがおすすめです。万が一のトラブルを避けるために、人目のあるわかりやすい場所で物品の受け渡しを行うと安心。

受け渡し時にも配慮を

出品者の多くは手軽に品物を処分したいと考えているので、時間や都合は極力相手に合わせるとスムーズです。また、小物を受け取る際は持ち運び用の袋を持参すると便利。大物の場合は台車があるとベストです。
お金を支払う場合にはおつりが出ないようぴったりの金額を持って行くといいです。

ジモティーの魅力はお金も手間もかからずに、不用品が必要な人の手に渡るところ。地元の人とやり取りができて、取引にまどろっこしさがないのもメリットです。捨てるにはもったいない、と思えるものが次の誰かにバトンタッチできる感覚もなんだか清々しいものがあります。

ただし、直接顔を合わせるやり取りが基本なので、トラブルを避ける慎重さは必要です。ジモティーのサイトにある「詐欺やトラブルへのご注意」などはしっかりと読んでおきましょう。