収納術

木村 充子木村 充子

キッチンの収納法を「夫婦で使いやすい」仕組みに見直してみた

家事シェアしやすいキッチンの収納

共働きの子育て世帯は、夫婦の役割分担が大切。でも、家事をしない夫にイライラが募っている人も多いのではないでしょうか。

「女性が全部自分のルールでキッチンを管理すると、夫にとっては使いにくくなりがち。お互いがやりやすいように見直せば解決しますよ」と話すのは整理収納アドバイザーの木村充子さん。配膳ゾーンと調理ゾーンを分ければ配膳の手伝いもスムーズ。食材は詰め替えしないでパッケージごと保存容器に入れれば、夫も調理できるように。などなど、ご本人が実践している収納アイデアを教えてもらいました。

配膳ゾーンと調理ゾーンを分ければ、家事シェアできるキッチンに

筆者宅では、家事シェアの最初の一歩は、配膳の手伝いからでした。しかし、カトラリーやコップを取るためにキッチンに入ってこられると、そのたびに作業を中断しなければならず、せっかく手伝ってくれても邪魔に感じることもしばしば。

食器棚はキッチンの入口に
そこで、食器棚をキッチンの入り口に置き、配膳に必要な物はキッチンに入らなくても出し入れしやすいようにしました。食器棚を動かすのが難しい場合は、カトラリーやコップなどをなるべくキッチンの入り口近くに置くだけでも、スムーズにシェアできます。

食器の収納は磁器と陶器のゾーンを分けて。これで食洗機問題を解決!

配膳の次は、後片付けをシェアしました。そこで困ったのが、食洗機で使用可能な「磁器」と、使用できない「陶器」の違いをなかなか覚えてくれないこと。しょっちゅう「この食器は大丈夫?」と聞かれるのは、聞く方も聞かれる方もストレスです。そこで、磁器と陶器を分けて収納するようにしました。

食器は陶器ゾーンと磁器ゾーンを分ける

食器棚の左側のゾーンには磁器、右側のゾーンには陶器を収納しました。パッと見ただけで区別できるようにすると、効果てきめん。これで夫が陶器を食洗機に入れてしまう心配がなくなりました。

カウンターは作業しやすい状態をキープ!夫目線で調理の動線に合った収納に

配膳の手伝い、後片付けを経て、やっと食事をつくるようになりました。そこで、夫も効率よく調理ができるように、キッチンの収納を見直しました。

カウンターにはモノを置かず作業しやすいように

コンロ回りには菜箸などのツールや調味料、油などを、コンロの前から一歩も動かなくても取れるように収納しました。アイテムを厳選し、スペースに余裕を持って収納すると取り出しやすく、夫も料理がしやすいと喜んでいます。

キッチンカウンターには余分なものを置かず、作業がしやすいように。後片付けのあとは、キッチンカウンターの上に何もない状態にすることが筆者宅のルールです。

パッケージは情報の宝庫!詰め替えずそのまま保存容器に収納

食材は、パッケージに記載してある情報をシェアするため、詰め替えずにパッケージのまま保存容器に入れて収納しています。うちの定番がどこのメーカーのどの商品なのかを夫に覚えてもらえるというメリットも。

食材は詰め替えずにパッケージのまま保存容器に入れて収納

例えば麺類は詰め替えずにパッケージのまま収納しておけば、茹で時間などの情報をシェアできます。

このように、夫でも使いやすいようにキッチンの収納を整えて、少しずつキッチン仕事をシェアすれば、夫が進んで食事をつくってくれるようになるのも夢ではありません。さっそくキッチンの収納を見直してみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人/木村充子さん
整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター。お片付けとインテリアのプロとして、ASAP(As Simple As Possible)を主宰し、整理収納レッスン&ワークやインテリアコーディネートを行っている