インテリア・雑貨

くまみくまみ

子どもの姿勢を一番に考えた「アップライトチェア」はリビング学習にもおすすめ

豊橋木工「アップライトチェア」をダイニングテーブルと組み合わせた様子

リビング学習の椅子選びはとても重要。成長する子どもにとって座面とテーブルの高さが合わないと、姿勢が悪くなり、目にも負担をかけてしまいます。

日刊住まいライターが見つけたのは豊橋木工の「アップライトチェア」。よい姿勢を保つための機能が充実。成長にあわせて簡単に高さ調整できるすぐれもの。さっそくその使い心地をレポートします。

シンプルなデザインだから自室で勉強するようになっても、そのままダイニンチェアとしても使えそうです。

豊橋木工の「アップライトチェア」は、子どもの成長を見守る椅子

豊橋木工「アップライトチェア」を横から見る

「アップライトチェア」の魅力は、なんといっても特徴的なフォルムです。

ひとことで表すと曲線美。
驚かせられるのが、この曲線は見た目の美しさ。そして、子どもたちの姿勢を第一にメーカー考えて、つくり上げたという点です。座面や足台もフラットに見えますが、実はやさしい曲面でできています。

デザイン性と機能性、そのどちらも持ち合わせているのが、豊橋木工の「アップライトチェア」です。

座面は12㎜刻みで14段階。工具要らずでいつも子どもにフィット!

豊橋木工「アップライトチェア」を正面から見る

たとえよい製品であっても、メンテナンスがわずらわしいと、期待した効果を享受し続けるのは難しいです。この椅子には、親の立場からもうれしい機能が幾つもあります。

高さ調節は工具不要

高さの調整は、ネジグリップを手で回すだけ!

豊橋木工「アップライトチェア」の高さ調節をしている様子

工具を使わずに、高さ調節ができるって本当に手軽です。足置き台の位置を下げたほうがいいかなって思っても、ドライバーが必要だと、後回しにしがちです。しかし、手だけで調節ができるので、気付いたときにその場でできます。この点だけとっても買ってよかったと思えます。

ピッチが狭いから微調整しやすい

座面は12㎜刻みで14段階、足台は15㎜刻みで16段階の調節が可能です。子どもの姿勢を第一に考えてつくっているんだなという作り手の思いが、製品を通して伝わってきます。

豊橋木工「アップライトチェア」の座面と足台の高さは微調整しやすいつくりになっている

こまめに調整して、正しい姿勢を維持できるようにサポートしてあげようという気持ちになれます。

また、小さなうちはダイニングテーブルで、成長したら自室でという使い方をする時にも、座面の高さが微調整できるのはとてもありがたい機能です。

座面カバー(布地)は洗濯可能

ダイニングチェアも兼ねる上で最も気がかりなのは「汚れたら洗濯が可能かどうか」という点です。

豊橋木工「アップライトチェア」の座面カバーは洗濯可能

親にとっては、食べ物をこぼされないかハラハラする必要がないですし、子どもにとっては緊張しながら食事をする必要がありません。毎日緊張しながら使うのは疲れますよね。

無料保証期間は世界最長の18年

小学校の入学時期に買ったら大学を卒業するまで、離乳食が始まる時期に買ったら高校卒業まで、18年の保証期間があります。

豊橋木工「アップライトチェア」の背面から見た様子

公式サイトでも「世界最長」とうたっているだけあって、こんなに保証期間が長い製品は今までに出会ったことがないです。子どものうちはどうしても扱いが雑になりがちなので、保証が数年間だけでは心許ないです。

そして、なんとうれしいことに、修理に出している間は代替え品を用意してくれます!

フレームと座面の組み合わせは220通り。自分仕様の1脚がつくれる!

豊橋木工「アップライトチェア」の背もたれと座面の様子

フレームカラーは10色、座面カバーは布地と合皮合わせて全22色、220通りの組み合わせがあります!

わが家ではリビングの雰囲気に合わせて、フレームはナチュラルを、座面カバーはチャコールグレーを選びました。座面カバーは単品でも買えるので、後に色の好みが変わっても買い換えられます。

豊橋木工の「アップライトチェア」は、4万2000円(税抜き)からと、値段だけを見ると決して安くはありません。しかし、機能面や保証期間の長さを考えると、まったく高くはないと実感しています。

リビング学習や、学習椅子の購入を検討している方は、ぜひチェックしてください。