収納術

ワトコワトコ

ムダなすき間を収納に!ダイソー「吊り下げワイヤー」の便利な使い方

デスクに取り付けたダイソーの「吊り下げワイヤースリム」
キッチンの調理器具やデスク回りの小物など、よく使うものは取り出しやすく収納したいもの。とはいえ、棚を買い足してスペースが狭くなるのも困る…。
「収納が少ない家でも、便利アイテムを使えばスッキリと片付けることができます」。インテリアブログを主宰するワトコさんが家じゅうで活用している、おすすめのダイソーグッズを教えてもらいました。

ダイソーの「吊り下げワイヤー」で収納スペースをつくる

ダイソーの「吊り下げワイヤースリム」

ダイソーの「吊り下げワイヤースリム」は棚板にひっかけて使うアイテム。厚さ2㎝までの棚板に取り付けることが可能です。大きさは約35×4.5×7㎝。大きすぎず小さすぎずなので、目立たずしっかりと収納スペースをつくってくれます。

耐荷重は2kgまでなので重いものには不向きですが、よく使う軽いものの収納には、とても役立ちます。

マグカップなど毎日使う食器を収納

イッタラのマグカップをダイソーの「吊り下げワイヤースリム」で吊り下げ収納

ひんぱんに使うマグカップは、いちいち食器棚の中にしまうのも面倒ですよね。そんなアイテムこそ、吊り下げワイヤーに引っかけ収納するのがおすすめ。おしゃれなカップを選んでおけば、キッチンやダイニングのインテリアの一部にもなります。

フックは10個ついていますが、全部にカップを吊り下げると出し入れのときにぶつかって割れてしまう心配もあるので、間隔をあけて3つ収納しています。

朝食のコーヒーを準備する時に、カップをサッと準備できてストレスフリー。自宅で過ごす日はマグカップの出番が多いので、食器棚にしまわないスタイルがわが家にはうまくハマっています。

見せ収納にするようになり、カップのデザインにもこだわるようになりました。これぞと思うお気に入りのマグを使ったブレイクタイムは、特に癒されます。

スターバックスのステンレスカップをダイソーの「吊り下げワイヤースリム」で吊り下げ収納

ステンレスのマグカップやプラスチックでなおかつ小さなサイズなら、フックいっぱいにかけても安心して使えそうです。吊り下げるアイテムの大きさや取り出しやすさに合わせて、使うフックの個数を決めると良いでしょう。

キッチンツールを使いやすく収納

ダイソーの「吊り下げワイヤースリム」で調理器具を吊り下げ収納

出番の多いキッチンツールをひっかけ収納しても便利!調理場の近くに吊り下げておけば必要な時にサッと取れます。食器洗いの後も片付けが簡単なので家事の時短にもなりそうです。
ダイソーの「吊り下げワイヤースリム」でキッチンツールを吊り下げ収納
画像ではターナー、お玉、ピーラーをかけていますが、ほかにもオイルスクリーンや計量カップ、スパチュラなど…よく使うキッチンツールを、デッドスペースをうまく使って収納してみましょう。

デスクでケーブル類を便利に収納

ダイソーの「吊り下げワイヤースリム」でデスク下に吊り下げ収納をつくる

デスクに付けて、スマホ用のライトニングケーブルやメモ帳など、必要な時にすぐ手にとれるようにしておくのもおすすめ。引き出しのないタイプのデスクでも、こうすると利便性が上がります。

モバイルバッテリーを入れたポーチやヘアクリップなどPC作業中に必要なもの、PCを持って出かける時に必要なものをまとめてぶら下げておくと便利です。

簡単に取り付けられて、デッドスペースに収納が増やせるダイソーの吊り下げワイヤー。ぜび便利な使い方を見つけてみてください。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中