暮らし

露重和子露重和子

無印「ポリプロピレン追加用ストッカー」を、深・浅・標準の3種で使い分け

洗面台の下に置いた無印良品の「ポロプロピレン追加用ストッカー」

キッチンや洗面所が片付かない原因は、かさばるストックとごちゃつきやすい小物類。何とかしたいと思っている人は多いはずです。

整理収納アドバイザーの露重和子さんは、無印の「ポリプロピレン追加用ストッカー」を使うことで、このストレスが解決できたそう。さっそく見せてもらいました。

深・浅・標準の3つの種類をアイテムごとに使いこなす技、さすがです!

追加用ストッカーのサイズは3種類。高さ約122㎝まで積み重ねもOK!

ポリプロピレン追加用ストッカーのサイズは幅18cm、奥行40cmで高さの違いで3種類ある

ポリプロピレン追加用ストッカーのサイズは幅18㎝、奥行40㎝で高さの違いで3種類。「追加用ストッカー・標準」は高さ21㎝、「追加用ストッカー・浅型」は高さ11㎝、「追加用ストッカー・深型」は30.5㎝です。

組み合わせて活用する場合、積み重ねが可能な高さは約122㎝までとなっています。複数個積み重ねた全体の耐荷重は約30kg。組み合わせて活用する場合、1度組み立てた後の分解はできないので注意してください。

洗面所のストック収納に。モノのサイズに応じて組み合わせると便利!

洗面台の下に歯磨きのストックを収納
わが家では洗面所のシンク下に、シャンプーやボディーソープ、歯磨き粉などの洗面所回りのストック収納として活用しています。写真は浅型サイズに収納した歯磨き。
洗面台の下にボディソープのストックを収納
高さが違うので、収納したいモノのサイズに応じて組み合わせて活用できるのがとても便利です。こちらは、標準サイズに収納した歯磨き粉やハンドソープ。

洗面台の下にシャンプーのストックを収納

背の高いシャンプーやボディソープは深型サイズに。幅が18㎝とコンパクトなので、洗濯機と洗面台の間などのすき間収納にも活用できます。

キッチンでは調味料や布巾、カトラリーの収納に。汚れてもお手入れがラク!

無印良品の「ポロプロピレン追加用ストッカー」の深型にキッチンで使う調味料や洗剤を収納

わが家はキッチンでも大活躍!深型サイズに調味料やキッチン洗剤などをアイテムごとに収納しています。

無印良品の「ポロプロピレン追加用ストッカー」の標準サイスには使い捨ての布巾をストック

無印良品の「ポロプロピレン追加用ストッカー」の浅型にはカトラリー類の収納いも便利

標準サイズには布巾を、浅型サイズにはキッチンツールを収納しています。引き出した際、しまっているモノが一目瞭然なので、必要なモノをすぐに取り出せ、とても使いやすいです。

洗面所やキッチンだとどうしても汚れやすいですが、素材がポリプロピレンなのでサッと拭き取ればOK。お手入れも簡単です。汚れがひどい際は引き出しは丸洗いもできるので、水回りでの活用におすすめです。

別売りのキャスターを取り付ければ移動もスムーズ!

無印良品の「ポロプロピレン追加用ストッカー」に付けるキャスター

別売りのキャスターを取り付ければ、移動がスムーズになり、掃除もしやすくなり便利です。

様々な場所で活用できる「ポリプロピレン追加用ストッカー」の活用法をご紹介しました。デザインがシンプルで、半透明なので、程よく生活感が隠せて、見た目もスッキリと整います。

収納を増やして、サイズの違うモノをコンパクトに収納しようと考えている方には特におすすめです。ぜひ検討してください。

●教えてくれた人/露重和子さん
整理収納アドバイザー1級・整理収納教育士。「片付けで暮らしをラクにシンプルに!」という視点で、日々、片付けの工夫を研究中