お宅拝見

shiga asakoshiga asako

【マンションリノベ事例】ひとりの時間を過ごせるワーススペース&趣味室。ふたりでくつろげる広いLDK

玄関横の個室をリノベで妻のワークスペースに

妻がフリーのフォトグラファー、夫が会社員の長谷川さん夫妻。購入した中古マンションをリノベーションしたときに、妻専用のワークスペースをつくりました。以前は洋室だったその場所は、玄関ホールとオープンにつながる土間空間に一新。

テレワークが普及し、自宅にワークスペースが欲しいという希望が増えている今、参考にしたい長谷川邸のケースを紹介します。

4畳弱でも機能的!パソコンも機材も置ける土間空間が妻の仕事場

玄関土間を拡張して設けた妻のワークスペース

玄関近くにあった洋室を撤去して設けた妻のワークスペースがこちら。床は玄関ホールから続く土間仕上げです。

4畳に満たないコンパクトなスペースですが、妻が快適にパソコンでデータ処理作業ができ、造作棚のおかげで撮影機材もすっきり収納できます。

機材などを収納できる造作の棚

大小さまざまなサイズの造作棚に、撮影機材がきれいに納められています。事前にしまうものをリストアップして、それらに合わせて設計しました。

上部の扉付きの部分には、書類やストック品を収納しています。「入れるもののサイズに合わせてつくってもらったので、使いやすいです」と妻。

床の傷や汚れを気にしなくていいのがメリットの、土間仕上げの床

床の傷や汚れを気にしなくていいのが土間空間のメリット。「機材を持ったまま出入りができるのも便利です」と妻。昼間は明るく居心地がよく、いちばんのお気に入りの場所になったとか。

パソコンでのデータ処理に重宝するデスクスペースも完備

撮影した画像の調整や整理など、細かいデスクワークをすることが多いという妻。専用のデスクスペースを確保でき、作業がここだけで完結できるようになりました。

実は妻はリノベ前、「作業はキッチンや寝室の片隅でできればいいかな」と思っていたそう。リノベでLDKとは切り離されたワークスペースができ、オンとオフの切り替えが容易になりました。

照明は土間空間に似合う屋外用のものをチョイス

レトロな味わいのブラケットは、あえて屋外用の照明器具をチョイス。土間と相性がよく、どこかの街角のような印象を演出しています。一方、デスク回りを照らす天井の照明は、機能性重視で蛍光灯にしました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫36歳 妻37歳

▼リノベを選んだ理由
それまでは2DKの賃貸マンションに暮らしていた長谷川さん夫妻。手狭だったため、もう少し広い持ち家を、と考えるように。希望していた「ゆったりくつろげるリビング」が叶えられそうな約74㎡、3LDKの中古マンションを購入。細切れだった間取りを広いリビングのある間取りに一新するため、リノベーションを行った。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/74.05㎡

妻のワークススペースの隣には、夫の趣味室も実現

ギター演奏などを楽しむ夫の趣味室

リノベで妻専用のワークスペースを設けたのと同時に、夫専用のスペースも実現!ギター演奏などを楽しめる夫の趣味室を妻のワークスペースの隣に設けて、2室を室内窓でつなぎました。

コンパクトながらも夫婦それぞれに専用スペースができ、一人で過ごす時間も充実。それぞれが仕事や趣味に没頭していても、室内窓を介してお互いの気配が適度に伝わります。

既存の和室を撤去して、ゆったりくつろげる広々としたLDKに

既存の和室をとり込んで、ゆったりくつろげるリビングにリノベ

居住空間で長谷川さん夫妻が叶えたかったのは「ゆったりくつろげるリビング」。元のLDKスペースに隣接した和室を取り込んで広さを確保しました。床にはダメージ加工のパイン材を採用してラフな印象に仕上げています。

白く塗装したコンクリートブロックを用いたキッチン

白く塗装したコンクリートブロックの腰壁や、コンクリート板のテーブルで構成された個性あふれるキッチン。

吊り戸棚も備えた背面カウンターや、エキスパンドメタル板(メッシュ状の金属板)の吊り棚も設置し、収納量も十分です。

撮影の背景に使えるように塗装仕上げにしたダイニングの壁

自宅で人物や小物の撮影をすることもあるため、ダイニングの壁は下地のコンクリートが透ける程度に塗装。質感のある背景として使えるようにしました。

隣接する寝室と室内窓でゆるやかにつながるLDK

チェッカーガラスの室内窓は、隣接する寝室とLDKを緩やかにつなぎます。室内窓の高さは、リビング側にディスプレイラックとターンテーブルを置く前提で決めました。

個室や水回りにはこだわりの建具&内装材をセレクト

隣接するLDKから空調の冷気&暖気を得られるように縦軸回転タイプの室内窓を採用した寝室

ベッドを置ければ十分と考えて、ミニマルな空間にした寝室。隣接するLDKから空調の冷気や暖気を得られるように、縦軸回転タイプの室内窓を採用しました。

広めに設計したウォークインクロゼット

衣類などの収納を1か所に集約できるよう、広めに設計したウォークインクロゼット。床はLDKと同じダメージ加工を施した無垢のパイン材を採用しています。

白いタイルと黒のパーツでシャープなイメージに仕上げた洗面室

白い長方形タイルを馬目地貼りで仕上げた洗面室。アイアンの棚やタオル掛け、黒く塗装した木枠のミラーを合わせて、シャープな雰囲気にまとめました。

壁を馬目地貼りのタイルで仕上げたトイレ

トイレの壁も長方形タイルを馬目地貼りに。タイルでまとめた空間の雰囲気を生かすため、吊り戸棚などは設けずに収納はシンプルなラックのみにしました。床は「市松模様が大好き」という妻の希望を反映しています。

床を市松模様に並べたPタイルで仕上げた洗面室

打ち合わせを進めるなかで「ワークスペースもつくれる」とプランナーが提案してくれたおかげで、妻がオンとオフの切り替えをしやすい住まいになった長谷川邸。当初からの希望だった広々としたLDKも叶えられ、暮らしの質が格段に上がりました。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図
リノベーション前

リノベーション後の間取り図
リノベーション後

設計・施工/リボーンキューブ
京都を中心にリノベーションの企画・設計・施工を手掛け、代表の荒井弘さんがデザインを担当。不動産の売買・仲介もしており、中古物件探しからプランニング、住宅ローン斡旋、アフターサービスまでトータルにサポートする。 IKEA キッチン正規取扱店でもある

撮影/山田耕司 ※情報は「リライフプラスvol.21」取材時のものです