暮らしのコツ

スズキカホスズキカホ

自宅にサウナがあるフィンランド。ユニークな健康法の中身とは?

サウナを楽しむフィンランド人のイメージ

「フィンランドの人たちはとにかくサウナが大好き!多くのお宅が、自宅にサウナを備えています。集合住宅に住居者専用の共同サウナが設けられていることも珍しくありません」

そう話すのは、以前フィンランドで暮らし、現在はノルウェーの大学院に在籍中のイラストレーター・スズキカホさん。
フィンランドの人たちは実際どんなふうにサウナを楽しんでいるのか、現地のリアルなサウナ事情を語ります。

サウナを使用する頻度は人それぞれ

フィンランド人夫妻のお宅のサウナ

こちらは筆者がフィンランド在住中に大変お世話になったフィンランド人夫妻のお宅のサウナです。黒い扉の向こうがサウナになっています。シャワー室とは別に区切られていて、日本の浴槽のような感じです。

フィンランドの浴室にはシャワーだけが設置されていることが一般的で、浴槽を所有している家庭は珍しいそうです。フィンランド人の友人いわく、子ども用の浴槽はあっても大人用の浴槽はあまり見かけないとのこと。

また、サウナを使用する頻度は人それぞれのようです。毎週のルーティーンとして入る人もいれば、私の友人のようにごくたまに、特別な時だけ入るという人もいます。

この写真のお宅の夫婦は、ヘビーユーザーではないけれど、おもに運動をした後などに入ることが多いとおっしゃっていました。

サウナグッズは伝統的なものからモダンなものまで様々

フィンランド式のサウナ

フィンランド式のサウナは、サウナストーンと呼ばれる焼け石に水をかけて蒸気「löyly(ロウリュ)」を立たせながら入るのが一般的です。少し水をかけるだけでかなりの水蒸気が発生し、サウナ内の熱気が増してじわじわと汗が出てきます。

水をかけるための桶や柄杓のデザインは、伝統的なものからモダンなものまで幅広く、そのお宅がどんなタイプのものを使っているのかを見るのも、密かな楽しみでした。フィンランドにはサウナグッズ専門のお店もあり、こだわりのアイテムを見つけることができます。

学生アパートの共同サウナは、プライバシーがしっかりしていて安心

学生専用アパートのサウナ

筆者がフィンランドで最初に住んでいたのは学生専用アパートでした。小さな田舎町の古いアパートだったのですが、共同サウナが設けられていました。居住している学生は無料で使用できます。

部屋ごとに使用できる曜日と時間が決められていて、その時間はその部屋の人が使用できるというシステム。筆者は一人部屋に住んでいたので、毎回一人でゆったりサウナを楽しむことができました。プライバシーがしっかり守られたシステムがとても気に入っており、毎週の自分の番が楽しみでした。

サマーコテージにもサウナは欠かせない

友人のモッキ内のサウナ

最後にご紹介するのは、家とはちょっと違う、特別なサウナです。フィンランド人の多くは夏になると「mökki(モッキ)」と呼ばれるサマーコテージで長期休暇を過ごします。

こちらは筆者の友人のモッキ内のサウナです。暗くて長い冬を耐え抜く北欧の人たちにとって、白夜の夏の時期はとても貴重で、夜中まで外で遊んだり家族や友人とリラックスしたりして、時間を楽しみます。

そんな夏の楽しみのひとつは、やはりサウナ。こちらのサウナは薪で温める伝統的なタイプで、レトロな雰囲気が素敵でした。

桶に入っているのは白樺の枝を束ねた「vihta(ヴィヒタ)」と呼ばれるもので、こちらもフィンランド式サウナ特有のアイテムのひとつ。

これを手に持って体にたたきつけます。白樺の葉には様々な成分が含まれており、たたくことで新陳代謝がよくなり、健康と美容に良いメリットがたくさんあるそうです。

このモッキを所有する友人は、毎年夏になると自分で森に行って枝を切り、ヴィヒタをつくっています。一晩水に浸けて柔らかくしてから使用するので、たたきつけても痛みはなく、葉から出る白樺の香りも心地よくてリラックスできるとのことです。

白樺は国のシンボルとも言える樹木であり、自然と共に生きるフィンランド人らしいユニークな健康法だなと思います。

日本人はお風呂が好きな人が多く、温泉も人気がありますよね。フィンランドでサウナを楽しむ暮らしに触れて、日本人にとってのお風呂と似ているところがあるなと親近感を覚えました。