暮らしのコツ

木村 充子木村 充子

野菜の切れ端が「食べられるおしゃれインテリア」に!リボべジでキッチンガーデン

インテリアとしてもおしゃれなリボべジ

春は植物を育てたくなる季節。種も苗もいらない「リボベジ」を始めてみませんか?

「リボベジ」とは、リボーンベジタブル(再生野菜)の略。必要なのは水耕栽培する容器だけ。収穫して食べることもできるし、部屋を彩るインテリアにもなります。

実際にキッチンガーデニングを楽しんでいるインテリアコーディネーターの木村充子さんに、おすすめの野菜と育て方のコツを紹介してもらいました。

育てて、観賞して、食べて楽しむ「リボベジ」

リボべジで育った豆苗をカゴに入れるとグリーンインテリアになる

「リボベジ」は野菜の根っこやへたなど、調理のときに捨ててしまう部分をもう一度育てること。水耕栽培で手軽に育てることができるので、土や鉢も必要ありません。

ゴミを減らしながら、植物を育てて、キッチンのインテリアとして観賞して、収穫して食べることを楽しめます。普段捨ててしまう部分を育てるので、失敗を恐れずにトライできるのも魅力です。

必要なものは容器だけ。誰でも簡単にできる「リボベジ」

では、さっそく「リボベジ」にトライしてみましょう。用意するものは野菜を入れる容器だけ。空きビンやペットボトルを使ってもOKです。

リボべジで用意するのは、育てる野菜を入れる容器だけ

リボベジの育て方

  1. 野菜の根っこやへたを普段カットするときよりも少し長めに切ります
  2. サイズの合った容器に少量の水と一緒に入れます。水の量は切り口や根元が浸る程度でOK。多すぎると腐りやすくなるので注意しましょう
  3. 室内の直射日光の当たらない明るい場所に置きます
  4. 水は毎日替えましょう。減った分の水を足すのではなく全て入れ替えます。水替えのついでに容器と切り口や根元のぬめりを洗い流し、雑菌の繁殖を防ぎます
  5. 腐ったり、水が濁ったりするなどの異変を感じたらすぐに処分しましょう

初心者におすすめ。育てやすい「リボベジ」野菜はこれ!

豆苗

豆苗のリボべジは失敗しないでできる

まずは失敗知らずの豆苗から育てるのがおすすめ。収穫するときに豆の2~3㎝ほど上に出ている小さな芽を残すように切ると、2回目の収穫ができます。

小松菜・水菜・ネギ

小松菜・水菜・ネギは高さのある容器で育てる

根元からを3~5㎝残して切り、底だけ水に浸るようにします。グラスなど高さのある容器に入れて育てます。

キャベツ・レタス

キャベツ・レタスも芯の部分から芽が出てくる

芯の部分から新しい葉っぱが出てきます。特にレタスは腐りやすいので、毎日の水替えをお忘れなく。

ダイコン・ニンジン

ダイコンやニンジンは浅い容器に入れて育てる

根菜は根本を2~3㎝残すように切り、小皿などの浅い容器に入れて、切り口がうっすら浸かる程度の水に浸けます。観賞用としてもかわいくおすすめです。

これまで捨てていた部分から新しい芽が出て、成長する様子を見守ることは、毎日の暮らしに彩りを与えてくれるはず。準備いらずで手軽に楽しめて、ゴミも減らせる「リボベジ」。今日からさっそく始めてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人/木村充子さん
整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター。お片付けとインテリアのプロとして、ASAP(As Simple As Possible)を主宰し、整理収納レッスン&ワークやインテリアコーディネートを行っている