収納術

くまみくまみ

キッチンを使いやすくするしまい方。収納グッズは使いすぎると逆効果にも

使いやすいキッチンの秘訣は収納場所にアリ
キッチン自体はそんなに狭くないのに使いづらい、片付かないと思っている人は多いと思います。その理由はズバリ収納環境。

使用頻度別に収納場所を決めることはもちろんですが、一番のポイントは手間のかかることを極力排除すること。収納用品の過剰使用や汚れ防止シートに依存することもその一つ。では、どうすればいいのでしょうか?

管理栄養士で、ブログを通じてズボラでもスッキリ暮らすコツを発信しているくまみさんが、実践している方法を公開してくれました。

使いやすいキッチンの第一歩はワークトップ下に何を収納するか

キッチンの収納は使用頻度別に場所を決める

収納スペースはたくさんあっても、ちゃんと使いやすい場所、使う頻度を考えて収納していますか?特に腰の高さの場所にある引き出しは、とても使い勝手がいいので、何を収納するかしっかりと吟味して決めましょう。

使用頻度「高」はワークトップ下の一等地へ

ワークトップ下の引き出しには、調味料とキッチンペーパーを収納

1つめは、ワークトップ下にある引き出しです。使い勝手がバツグンによいので、ここには調味料とキッチンペーパーを入れています。

調味料はその商品特有のパッケージを生かしつつ、移し替えをしたほうが利便性がよいものだけ移し替えています。キッチンペーパーは動線を考えると、ホルダーを使って冷蔵庫に貼り付けるより、引き出しに入れただけの状態のほうが使いやすいです。

コンロ脇の引き出しには、奥行きを生かしてトングや菜箸を収納

2つ目は、「こんな場所に秘密の引き出しがあった!」とSNSでも話題になったコンロ脇の引き出しです。幅は狭く奥行きのある形状が特徴です。

この場所に収納するといいのは、奥行きを生かせる細長い形状のキッチンツールです。コンロで使うことの多い、菜箸やトングやレードルなどのアイテムを入れています。

使用頻度「低」は吊戸棚か足元付近の収納へ

吊戸棚上段の収納は、ケースを使って取り出しやすく

吊戸棚の上段や足元に近い収納場所は、つま先立ちになったりしゃがんだりしないと使えない場所なので、使い勝手はイマイチです。ですので、筆者宅では使用頻度の低いものを入れています。

吊戸棚の上段は、グループ別に収納ケースに入れたものを保管しています。無印良品の収納ケースを使っていますが、穴に指を差し込みながら手前に引っ張ると取り出しやすいです。この方法にしてから、踏み台が無くても取り出せるようになりました。

重いホットプレートは、足元に近い収納場所で保管

足元に近い収納場所では、ホットプレートやカセットコンロを保管しています。ホットプレートを吊戸棚に入れている人が多いと思いますが、重いものを頭より上の高さに入れるのは、危険ですし作業も大変です。

収納グッズは、使えば使うほど手間が増える。汚れ防止シートも再考を!

鍋やフライパンは、収納グッズを使わないで平置きスタイル

収納のために使用するアイテムが増えるということは、管理するものが増えるということ。自分の管理能力を超えてしまう収納計画は無謀です。鍋類はケースなどを使って収納することはせずに、平置きしています。

収納ケースが増える=お手入れ時間が増える

パーツが多いものはケースを使って保管

シンデレラフィットさせたいからと、やみくもに収納ケースを使うのはおすすめしません。確かに整った見た目に仕上がるかもしれませんが、ケース類を駆使すればするほど、お手入れするものが増えるからです。

筆者宅のキッチンで、ケースを使って収納するものの条件は以下の通りです。

  • ケースに入れないと散乱してしまうもの
  • セット(まとめて)で保管したほうが使いやすいもの

筆者宅では、キッチン全体で使用している収納ケースの数は4つだけです。とても少ないので、お手入れも負担になりません。

汚れ防止シートは必須ではない

汚れ防止シートは敷かずに、洗いやすいトレーを使う

汚れ防止シートを使うと、棚板や引き出し内が汚れずにすみます。しかし、シート自体のお手入れや買い換えが必要になります。このお手入れがこまめにできる人にはおすすめのアイテムですが、手間のかかることはやりたくないと思う人は使わないほうがよいです。

筆者宅では、以前はすべての引き出しに使用していましたが、今は食器とステンレス製品が置かれている棚しか使用していません(ステンレスが擦れると、引き出し内が黒ずむため)。調味料を収納する引き出しだけは、汚れ防止シートは敷かずに洗いやすいトレーを使用。その他の引き出し内は、気づいたときに拭き掃除をして汚れを残さないようにしています。

収納はゆとりが大切!詰め込みすぎず、つくり込みすぎず

収納場所が広くても、必要以上に詰め込まない

キッチン収納だけに限りませんが、スペースにゆとりがあると、取り出しやすく戻しやすくなります。キッチンは出し入れが激しい場所なので、隣同士がピッタリとくっついて隙間がないような収納方法は向いていません。またつくり込みすぎると、使いにくいと思っても、せっかく作り上げたのだからと変えにくい心境になりがちです。ゆとりのある収納を心掛けましょう。

暮らし方が変わると収納環境も変わってきます。収納計画を練った本人だけでなく、家族全員にとって扱いやすい収納環境を実現してください。

●教えてくれた人/くまみさん
管理栄養士。都内の建売住宅で夫と2人の息子と4人暮らし。ズボラでも、小さな子どもがいても続けられる、スッキリとした空間で暮らすためのコツをブログで配信中