クイズ 連載

住まいの設計編集部

「閤」読める?太閤秀吉、今太閤…偉そうだけど、低姿勢じゃないと入れないもの

読めそうで読めない「閤」
太閤秀吉、今太閤と呼ばれた田中角栄。この「閤」は最強の漢字に見えますが、今回の正解はそうでもないです。腰をかがめないと通れないけど、これで命が助かることも!

さて、何と読むでしょう?

そもそもなぜ、豊臣秀吉や田中角栄は太閤と呼ばれたの?

太閤秀吉

まずは気になる「太閤」の意味から。もともとは平安時代に摂政や太政大臣の敬称として用いられていました。その後、関白をその子に譲った人を称するようになったことから、関白を養子の秀次に譲った秀吉も称しました。

田中角栄は貧しい生まれから立身出世して天下を取った豊臣秀吉にならって、今太閤と呼ばれたのです。

今太閤というと、田中角栄の代名詞のように思う人も多いと思いますが。明治維新で長州のお百姓さんから初代内閣総理大臣まで上りつめた伊藤博文も今太閤と呼ばれていました。

でも、「閤」の読みは、太閤とはかなりスケールが違うものです。
さて、何と読むでしょう?

今の時代も火災の現場で命を守ってくれている、頼りになる存在

潜り戸

正解は「くぐりど」です。

そうです。腰をかがめないと入れないあの小さな入口です。大きな家や学校の正門の脇に設けられているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。「潜り戸」とも書きます。

潜り戸が付いている防火戸
ここで建築的な雑学を。「閤(潜り戸)」は防火設備としても活躍しています。建築基準法である規模以上の建物には、延焼を防止するために防火戸の設置が義務付けられています。

ただ、閉まってしまうと逃げ遅れた人までも通れなくなってしまいます。そこで戸1枚の大きさが3㎡を超える場合、戸の一部に「閤(潜り戸)」を設けることが義務付けられているのです。

「閤(潜り戸)」は今の時代、命を守る戸として役立っています。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「紅娘」
「紅娘」読める?サツマイモの「べにむすめ」じゃなくて、よく見る虫の名

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE