体験レポート&リサーチ

Sumai編集部

入園・入学!アイリスオーヤマ「木製ワードローブ」で子どもの収納問題を一気に解決

アイリスオーヤマの木製ワードローブを使用している幼稚園児
新学期がはじまりました。子どもが幼稚園や保育園、小学校に入って登園・通学グッズが一気に増えた…という家庭も多いと思います。

そこで課題となるのが収納場所。今回は、アイリスオーヤマの木製ワードローブで2人の息子さんの通園・通学グッズ収納問題が解決したという日刊住まいライターが使い勝手をレポートします。

新学期に向け2人の息子の「収納が足りない問題」がダブルで浮上!

この春、新1年生・新幼稚園生になったわが家の2人の息子たち。

新学期に向けて子どもの幼稚園や小学校の入園・入学グッズを揃えていくうちに、このままでは収納が足りないことに気がつきました。

小学校に入学する長男のランドセルや制服どこ置く問題

長男は4月から小学生。昨年のうちにラン活(ランドセルを探して購入する活動)を終え、お気に入りのランドセルとともに通学するのを楽しみにしていました。

しかし、日々の収納場所についてはノープラン。制服収納スペースも確保していません。新学期から毎日使うものなので、取り出しやすい場所に定位置をつくることが急務となりました。

幼稚園に入園する次男の通園グッズや制服がかさばる問題

次男は4月から幼稚園児。幼稚園にも規定のリュックや制服、帽子がありかさばります。長男が幼稚園生のときは収納には無頓着で、制服は家族の衣類とともにハンガーラックに。通園リュックは玄関付近や子ども部屋になんとなく寄せて置いていました。

ハンガーラックと収納ボックス

現状は、子ども部屋にハンガーラックを置き、無造作に子どものアウターや制服をかけている状態。このままでは子どもたちが朝の準備をするに苦労しそうです。衣類があふれ、ランドセル置き場もありません。

子どもの背丈にちょうどいい!アイリスオーヤマの木製ワードローブを購入

そこで思い切って購入したのが、ランドセルも制服も収納できる子ども用の木製ワードローブ。わが家ではアイリスオーヤマの「木製ワードローブ KWR-1260」7260円(税込み)を選びました。

重視したのは、子どもが自分で着替えたり、準備したり、片付けたりしやすい、自主性を応援できるアイテムを選ぶこと。購入の際に決め手となったのは以下の5つです。

  1. 高さ120㎝(ハンガーパイプの高さは108㎝)。幼稚園児の手も届く高さ
  2. 横幅60㎝×奥行き32㎝!コンパクトながら制服もアウターも収納できる絶妙な横幅
  3. 子どもが大きくなっても使える飽きのこないシンプルなデザイン
  4. ランドセルやリュックを置ける天板つき
  5. 側面に帽子などを掛けられる

組み立てが終わったアイリスオーヤマの木製ワードローブ
ラックは組み立て式で、ドライバーの準備が必要です。所要時間は1台あたり30分ほどでした。

ロッカールームのようで子どもたちも大満足!自分で片付けられるように

さっそく木製ワードローブを導入した感想や使い勝手をレポートしていきましょう。

子どもが使いやすいよう棚の配置を工夫

L字に配置したアイリスオーヤマの木製ワードローブ

はじめは棚を2つ並べて設置しましたが、着替えの際に子ども同士の肩がぶつかる、壁側(左側)のラックのサイドフックを活用しにくい、といった課題にぶつかりました。そこで、L字に近いレイアウトに変更。2台のラックを離すことでスペースを確保でき、使いやすくなりました。ロッカールームのような特別感に子どもたちは大満足です。

アイリスオーヤマ 木製ワードローブ ナチュラル KWR-1260

アイリスオーヤマ 木製ワードローブ ナチュラル KWR-1260

大人から子供まで使いやすいシンプルデザインの木製簡易家具です。

Amazone詳細ページへ

キッズサイズのハンガーを使用するのがおすすめ

KEYUCAのキッズハンガー

実際に使用して気がついたことは、ラックの奥行き32㎝は大人用のハンガーでは引っかかってしまうということ。キッズハンガーを使うと、ラックがより使いやすくなります。

そこで『KEYUCA』の「Yote S csNMB 滑らないハンガー キッズ 5本セット」374円(税込み)を購入しました。こちらのハンガーは、横幅29.5㎝×高さ18.5㎝という絶妙なサイズ感に加え、丈夫なスチール素材に衣類が滑らないよう塩化ビニル樹脂でコーティングされているのがポイント。シンプルなデザインが木目調の天板とマッチして、色合いも魅力的です。

KEYUCA (ケユカ) Yote S csNMB 滑らないハンガー キッズ (5本セット)

KEYUCA (ケユカ) Yote S csNMB 滑らないハンガー キッズ (5本セット)

キッズ用で、すべらないハンガー。ついついカラフルでかわいいハンガーを購入してしまいがちですが、やっぱり滑らないのが一番。

Amazone詳細ページへ

サイドフックが便利!子どもにも掛けやすく小物収納に大活躍

アイリスオーヤマの木製ワードローブに袋を掛けている様子

ラック購入時は制服やランドセルの収納を重視していましたが、実際に使用してみるとサイドフックが重宝しました。帽子や体操着袋に給食袋、シューズバッグ掛けなど、様々なものが掛けられます。低い場所にフックがあるので幼稚園児の次男でも自分で片付けができ便利です。ちなみに、天板は次男にとっては少し高い位置にありますが、小学生の長男にはちょうどよい高さ。自分でランドセルの上げ下ろしができています。

木製ワードローブは子どもの制服やランドセルをまとめて収納できる便利なアイテム。見える収納は子どもでも扱いやすく楽しみながら使えるので、子どもの自主性を育てられるメリットも。

わが家では、子どもたちが毎日積極的に通園・通学準備や片付けをしてくれるようになりました。