家事

beachmamabeachmama

玄関専用に100均「掃除機用すみっこブラシ」。気兼ねなく使えて大正解

玄関の床に掃除機をかける

靴の裏に付いた砂や泥、ホコリ、髪の毛などで、意外に汚れやすい玄関。来客時に最初に目につく場所でもあるので、なるべくきれいにしておきたいもの。

ただ、室内と違う汚れがあるため、掃除がしにくい場所でもあります。
ほうきとちりとりを使うのは面倒だし、掃除機を使うのはちょっと抵抗がある、という方もいるかもしれません。

セリアの「掃除機用すみっこブラシ」を使うことで、面倒な玄関掃除のハードルがぐんと下がった、という日刊住まいライターが、使い方やメリットについて語ります。

玄関と室内を同じ掃除機で掃除するのは抵抗が…

玄関の床

筆者は今までずっとほうきとちりとりで玄関の掃き掃除をしていました。ある日、試しに掃除機で玄関掃除をしてみると、とてもラクであっという間にきれいに。ほうきだと絡まりやすい髪の毛や細かい砂などもスッキリときれいになり、目からウロコでした。

でも、玄関と室内を同じ掃除機で掃除すると、汚れを室内に持ち込んでしまいそう、という不安も感じました。

そこで、玄関掃除のときはセリアで見つけた「掃除機用すみっこブラシ」に付け替えるように。これがとても使いやすく、買って大正解でした。詳しくご紹介します。

吸込口にブラシがついているだけのシンプルなつくり

セリアの「掃除機用すみっこブラシ」

100均の掃除機ノズルは種類が豊富で、すき間用や布団用など、いろいろなタイプのものがあります。筆者が購入したのは、セリアの「掃除機用すみっこブラシ」です。

吸込口にブラシがついているだけのシンプルなつくり

吸込口にブラシがついているだけのシンプルなつくり。ノズル口直径30~33㎜に対応しています。

ブラシがすき間の汚れをかき出しながら汚れを吸い込んでくれるので、サッシの溝やパソコンのキーボードの掃除などにも使えます。

掃除しにくかった玄関の隅や巾木をサッときれいに

ノズルが玄関の隅にフィットして掃除がしやすい

コンパクトなサイズなので、ほうきだと掃きにくく、汚れが残りやすかった玄関の隅にもフィット。細かい部分もしっかり掃除できます。

ホコリがたまりやすい巾木をサッと掃除できる

このように、ホコリがたまりやすく、掃除がしにくい巾木もサッときれいにできます。

ノズルを取り入れることで時短にも

取り出しやすいようノズルを下駄箱の隅にスタンバイ

筆者宅では、取り出しやすいよう下駄箱の隅にスタンバイしておき、汚れが気になったときにサッと使えるようにしています。コンパクトなので場所をとらないところも気に入っています。

セリアの「掃除機用すみっこブラシ」のディテール

デメリットは、ノズル部分がタイルなど固いものに当たると傷がつきやすいこと。でも、100均なので気になってきたら気軽に買い換えができます。

室内に掃除機をかけたついでに、ノズルだけ交換してそのまま玄関もきれいにできると、時短にもなりメリットが多いと感じています。玄関の掃除が面倒と感じている方は、試してみてはいかがでしょうか。