家事

大木 聖美大木 聖美

粗大ゴミを出す回数は「万能ノコギリ」で簡単に減らせます。手数料の節約にも

万能ノコギリ

粗大ゴミは予約してから回収日まで間が空いてしまうことが多く、手数料もかかります。
粗大ゴミとして出すか迷う「粗大ゴミ未満」の不用品を万能ノコギリで解体することで、燃えるゴミとして出せるようになって助かっている、と話すのはくらし評論家の大木聖美さん。

不要になったプラスチックの衣装ケースやシューズクロゼットの扉などを解体して、燃えるゴミとして出せるようになり、粗大ゴミを出す回数が減ったそうです。

万能ノコギリは握りやすいものを選ぼう

万能ノコギリの持ち手

筆者が愛用している万能ノコギリは近所のホームセンターで購入しました。いくつか種類があった中から、いま使っている収納ボックスに入る大きさで、持ち手がしっかりしていて、色がシンプルなものを選びました。

実際に使ってみると、握りやすさがとても重要だと感じています。筆者が購入したノコギリは、持ち手に自然と力が入るようなデザイン。手が痛くなりにくく、初心者でもしっかり握って力を入れることができます。

プラスチックの衣装ケースは意外に解体しやすい

プラスチックの衣装ケースを万能ノコギリで解体

プラスチックの衣装ケースは、一見硬そうですが、意外に簡単に切ることができます。角の硬いところにノコギリの刃が入りやすいので、角から刃を入れるとすんなりカットできます。

柔らかいところはゆっくりめにカットし、途中まで切ってから最後は割る感じで小さくしていきます。

プラスチックの衣装ケースを解体してまとめる

筆者が住んでいる地域は50㎝四方なら燃えるゴミとして出せるので、その大きさになるようにカットしています。

不要になったシューズクロゼットの扉を解体し、燃えるゴミに

シューズクロゼットの扉を万能ノコギリでカット

不要になった建具は、普通のゴミとして出すには大きいけれど、粗大ゴミとして出すほどでもない、という中半端なゴミですよね。筆者宅のシューズクロゼットの扉もそうでした。

閉めた回数が数えられるほど少なく、ないほうがスッキリすると感じていました。家族で話し合い、みんなで解体して手放すことに。

万能ノコギリでカットして、燃えるゴミとして出すことができました。

納戸で眠っていた2mのアルミの額をカットして金属ゴミに

アルミの額を万能ノコギリで解体

長らく納戸で眠っていた2mほどあるアルミの額も、万能ノコギリで簡単に解体できました。大きいしどうやって捨てたらいいのものか迷っていましたが、カットすることで金属ゴミの日に出すことができました。

ただ、ノコギリを使うとどうしても大きな音が出てしまいます。金属を切る場合はとくに音が大きいので、夜間や早朝など、近所迷惑になりそうな時間帯は避けた方がベターです。

万能ノコギリのおかげで、粗大ゴミを出す回数が減った

プラスチックの衣装ケースを万能ノコギリで解体する子ども

大きなものを解体する機会はそうそうないので、万能ノコギリを使うときは、子どもたちを誘って一緒にやっています。

どのようにすると切りやすいのか、どんな力の入れ方が最適なのか、ケガをしないためにはどんなことに気をつけるべきか、といったことを伝えながら一緒に切っています。

子どもたちはすっかりノコギリの扱いに慣れ、先日プラスチックの衣装ケースの解体をお願いしたときは、ものの10分で解体し、すぐ捨てられるようまとめてくれていました。

何事も経験!手伝ってもらうことで、楽しみながら生きる力を育てることにも役立っているのではないかと密かに思っています。

万能ノコギリを買ってから、すっかり粗大ゴミを出す回数が減りました。節約を兼ねて楽しみながら、不要になったものをすぐ手放せる手段として、試してみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人/大木聖美さん
横浜在住の暮らし評論家。整理収納アドバイザー、防災備蓄2級プランナーなどの資格を持つ。片付け・掃除・家づくりなど暮らし全般の情報を日々ブログ「我が道ライフ」にて発信中