暮らしのコツ

大木 聖美

ゴキブリ対策は習慣の改善が肝心。夏に出会わないためにやりたい準備

清潔なキッチン

「ゴキブリは、気温が25℃を超えると活動が活発になっていくそう。だからその前にできるだけ対策をしておくことが大切です」と話すのは、くらし評論家の大木聖美さん。

ゴキブリと遭遇する回数を減らすには、毎日の家事をする際にちょっとだけ気をつけたり、意外に見落としがちなポイントを押さえたりすることが大切。詳しく教えてもらいました。

水回りをキレイに保つことが予防につながる

清潔なシンク

ゴキブリは湿気のある場所を好みます。さらにホコリも大好き。ですので、キッチンや洗面所、トイレなどはとくに好まれる場所です。

家の中を常に清潔に保つのはもちろん、キッチンや洗面所の奥などにたまったホコリは定期的に掃除して、ゴキブリを寄せ付けないようにしておきましょう。

調理の際に出る生ゴミの処理は、その都度行うのがベスト。排水溝のヌメリやニオイもゴキブリを寄せ付ける原因となってしまいます。ここも常にきれいにしておきたいものです。

玉ねぎ

ゴキブリが大好きな玉ねぎなどは、冷蔵庫に保管するのが無難です。

窓やドアの開け閉めは短時間で!

窓やドアの開け閉めはできる限り素早く短時間で済ませる

ゴキブリは外から侵入してくる場合がほとんどだそう。わずかな隙間でも侵入してくるので、できる限り窓やドアの開け閉めは素早く短時間で済ませることを心がけ、ふとしたタイミングで侵入してくるのを防ぎましょう。

防虫キャップで外からの侵入経路を断つ!

エアコンのドレンホース

エアコンの室外機近くにはドレンホースと呼ばれる排水のためのホースがあります。

ここから室内のエアコン内部に入り込んで住み着く場合が多くあるそう。外からの侵入を防ぐためにも、このドレンホースにかぶせるカバーをして、ゴキブリの侵入をシャットアウトしましょう。

ドレンホースカバーをセットする

ドレンホースカバーは「防虫キャップ」などの商品名で、100円ショップでも取り扱いがあるほど一般的なもの。取り付けも簡単ですので、夏を迎える前に取り付けることをおすすめします。

駆除剤は有効期限・使用期限をしっかり確認

ゴキブリ駆除剤

駆除剤には有効期限・使用期限があります。時間の経過とともに効き目がなくなり、ホコリがたまっていると却ってゴキブリを寄せ付けてしまいます。有効期限・使用期限をしっかりと確認しておきましょう。

日々の生活の中でできる簡単なゴキブリ対策をお伝えしました。できるだけ遭遇する回数を減らすには、ちょっとした工夫や、清潔さを保つひと手間が大切。小さなことの積み重ねで、この夏こそは出会わないようにしたいものですね。

●教えてくれた人/大木聖美さん
横浜在住の暮らし評論家。整理収納アドバイザー、防災備蓄2級プランナーなどの資格を持つ。片付け・掃除・家づくりなど暮らし全般の情報を日々ブログ「我が道ライフ」にて発信中