家事

安藤佳世子安藤佳世子

クロゼットの中身の見直し方。不用なものを手放すのは、すごくいいこと

衣類が整理されたクロゼット

いつの間にか増えた服を整理したい。でも気に入って購入したものを捨てるのは決心が必要です。

北欧式整理収納プランナーの安藤佳世子さんは、クロゼットの収納法を見直せば、衣類を「残す・処分する」の取捨選択がしやすくなると言います。おまけに見た目もスッキリ!さっそく使いやすく収納されたクロゼットを見せてもらいましょう。

「使っている?使っていない?」基準でまずは取捨選択を!

衣類の取捨選択の仕方

まずは「使っている」または「使っていない」、この判断が一番大事なことです。衣類には流行りがあるので、今シーズン買ったものでも来シーズンにはもうすでに着ない状態になってしまうものもあります。

筆者宅ではワンシーズン全く着なかったものは即捨てる選択をしています。またサイズが合わないものなども「いつか着る日が来るだろう」などと思いキープはしません。今使っているものはキープ、使っていないものは捨てる対象として思い切って区別しましょう。

また筆者宅では同じような新品を購入したら、1枚入れ替えるつもりで1枚捨てる選択も大事だと考えています。洋服が増えることで整理整頓も大変になってきますので、洋服の数をなるべく増やさない努力も必要です。

衣類の基本は縦収納!同じものを持ちすぎていないか一目で分かる

衣類は基本「縦収納」にする

上手に取捨選択できたら、次は収納です。収納ケースに入っている衣類は基本「縦収納」をしています。メリットとしてはひと目で分かりやすいこと!重ねて収納してしまうとどうしても下の方の服まで目が行き届かずに埋もれて結局使いません。

また同じものを持ちすぎていないか確認できるのもよいポイントです。同じデザインや色の衣類を買いすぎていないかひと目で分かります。筆者は白Tシャツをよく着るのでついつい購入してしまうクセがあったのですが、縦収納にしてからは衣類の数の把握ができるようになりました。

この収納法で同じようなデザインの重複買いをして持ちすぎることもなくなるだけでなく、ずっと使っていないものも把握できます。

畳むと収納スペースを取るジーンズも吊り下げ収納

畳むとかさばるジーンズも吊るして収納

デニムジーンズなどパンツ類は畳んで収納することが多いと思いますが、畳むとかなり収納スペースを取ってしまいケースがすぐにいっぱいになります。

すべてのパンツではありませんが、よく履くデニムパンツなどはハンガーに吊るして収納してみてください。実際にこのほうが畳む手間もかかりませんし、吊るしたほうが収納場所を取らないので便利です。

帽子は収納ボックスにまとめて収納。型崩れするタイプは壁掛けに

キャップなど形が気になるものは壁掛け収納

ニット帽などの柔らかい素材のものは収納ボックスにまとめて収納しています。必要な際にはボックスごと取り出して選ぶことができるので便利です。

またキャップなど形が気になるものは壁掛け収納に。壁掛けにすると脱着の動作がスムーズになり、収納する手間も省けます。

クロゼット上の棚には、衣替え用に奥行きのあるサイズの収納ケースを!

クロゼット上部の棚に置かれた縦長の収納ボックス

筆者宅のクロゼットは上に棚が設置してあり、正面の棚はかなり奥行きがあります。奥に何かを収納すれば取り出しにくくなってしまいますが、奥行きのあるタイプの収納ボックスに季節外れの衣類をしまって収納するには便利です。

少々大きめな収納ボックスを購入したので出し入れが大変かなと思いましたが、衣替えの時期だけ開けるぐらいなので問題なく使いこなせています。

奥の棚下には丈のある季節ものを収納。目隠しカーテンを付けスッキリ

クロゼット奥の棚下に季節外れやイベント用衣類を吊るして収納

クロゼット奥の棚下の部分には季節外の衣類やイベント用衣類を吊るして収納。収納ボックスとは異なり、しわの付きやすいロングタイプのワンピースやコート、またスカートやパンツなども吊るしています。

手前にはホコリ防止も兼ねて、突っ張り棒を使用して市販の大きめサイズのカーテンを設置。目隠し効果のあるカーテンをすることで、多少吊り方が雑になっていてもスッキリとしたクロゼットに見えます。

「捨てる」ことはゴミになることだけではない

完全に衣類をゴミとして捨てる前に一度考えたいことが「リサイクル」です。ゴミとして捨てることは簡単なのですが、もう一度その衣類を蘇らせる方法を考えています。

処分する服は極力リサイクルする

時期を見てネットや店舗で売ってみる

今はネットで売り買いをするのが手軽にできる時代なので、着なくなった衣類を筆者自身もネットで売ることがあります。特に少々高価なものは捨てるには気が引けてしまうので売りに出すことがあります。また流行りのものは早く買い手が付くメリットもありますので、長く持ち続けず早めに売りに出すことをおすすめします。

お店に持参してリサイクルする

ユニクロやGUなど店舗によっては着なくなった衣類を回収するリサイクルボックスが設置されています。服や素材にリサイクルされたり、支援衣料としてリユースされたりと、捨てることに抵抗があるときにはこのようなボックスを利用するのもいいですね。

筆者宅でも定番商品などファストファッションで購入することが多いので、このリサイクルボックスを利用することがあります。気分的にもリサイクルに貢献していることへの充実感を感じられています。

誰かに譲る

特に子ども服などは誰かに譲ることが多いですよね。子どもの成長は早いのですぐに着られなくなってしまう衣類が多々あります。ヘビーユーズしたもの以外の衣類なら、誰かに譲って着てもらうこともよいでしょう。

また子ども服以外でも、筆者宅ではご近所や知り合いに声をかけて、衣類を受け継いで着てもらうこともしています。

リメイクする

衣類のリメイクをされている方は多いと思いますが、割と簡単にできるのがクッションカバーや枕カバーなどにリメイクさせることです。

筆者宅でも着なくなったセーターを冬用のクッションカバーに変えてみるなど、工夫しています。ちょっとしたポーチやバッグにもリメイクできるので、特に愛着のあるものや捨てるには躊躇する衣類でもリメイクで蘇らせてまた違う楽しみ方ができます。

古びたものでもしっかりと最後まで使う

衣類が非常に消耗していたり、黄ばんで古びていたりしていてリサイクルできないと判断したものは、筆者宅では雑巾として最後まで使うようにしています。特にシャツなどはハサミで小さめに切って、テーブルを拭いたり掃除に使ったりとこまめに使うようにしています。また厚みのある衣類でも少し大きめに切って、油料理をした際に油を拭う布として使っています。わざわざ雑巾や油吸収剤などを買わなくてすむので家計にも優しくなります。

衣類の取捨選択は、「使っている」と「使っていない」というとてもシンプルな基準で考えてみましょう。収納方法も少し変えるだけで、使っているか否かの判断がつきやすく、余裕のあるクロゼットを実現することができます。

●教えてくれた人/安藤佳世子さん
北欧式整理収納プランナー、アロマテラピー1級。実家を二世帯住宅に建て直し「よりよい暮らし」をつくるため家やインテリア、生活について発信中