収納術

佐野 久美子佐野 久美子

キッチン収納のひと手間を、マグネット&フックで省くアイデア集

冷蔵庫脇を利用したマグネット収納のアイデア
キッチンのものは、必要なときにすぐに使えるように収納されているのがベストです。家事の時短にもなるので、ぜひとも取り入れたいところ。

整理収納アドバイザー準1級で調理師の免許も持っている日刊住まいライターも、キッチンの収納で動作1回で出し入れできるワンアクション収納を心掛けています。

頻繁に使う調理器具からつまようじ、コースターといった小物類まで、100均の強力マグネットやフックでできるワンアクション収納アイデアの数々を紹介。「あ、これラクかも!」と思える技ばかりです。

よく使う調理器具は、100均強力マグネットフックでレンジフードに吊り下げ

強力マグネットフックでレンジフードに吊るしたロッジスキレット、ミルクパン、玉子焼き器、手付きミニザル

頻繁に使うスキレット、小鍋、玉子焼き器や手付きミニザルを100均で買える強力マグネットフックで吊るしています。
100均強力マグネットフックと手付きザル

100均の強力マグネットフックはメーカーや形状の違いで異なりますが、コンパクトなので、レンジフードの幅の細いフチを利用した吊るし収納に便利です。

よく使う1軍調理器具はワンアクション収納にすると、出し入れしやすく家事の時短につながります。フック部分が半円形でフライパンや鍋の柄の穴が入らない場合は、カラビナやカードリングを柄の穴に通すとフックに吊るせます。

※吊るすモノの重さとマグネットの耐荷重はしっかり確認して使用してください

ハサミを冷蔵庫脇に。マグネットフック2個で、出し入れが超スムーズ

100均マグネットフック2個に吊るした花切りバサミ

続いて、一般的な大きさのマグネットフックを2つ用い、冷蔵庫脇に並べて貼り付けます。

そこに、ハサミの左右の持ち手をそれぞれ吊り下げればハサミのワンアクション収納が完成。筆者は花切りバサミを吊るしていますが、キッチンバサミなどもおすすめ。

花切りバサミをマグネットフック1個で吊るすと刃が開いてしまう

画像のように当初はマグネットフック1つに花切りバサミを吊るしていました。しかしハサミが開いてしまうので、2つにしたところ安定感が増しました。この収納方法にしたことで、毎日の切り花の手入れがスムーズになりちょっぴり時短に。

コースターも「冷蔵庫脇+マグネット」で!すぐに利用できて超便利

ニトリのコースターと丸いマグネット

筆者宅の愛用コースターは、ニトリの「コースター」(151円・税込み)。

薄くて軽い素材のモノなので、冷蔵庫脇に100均の強力マグネットで4枚留めています。冷蔵庫脇というデッドスペースを利用できすぐに使えます。

冷蔵庫脇には、小物類の整理に役立つマグネットケースを

マグネットでくっつく窓付き便利ケースに輪ゴム、つまようじを収納

ダイソーの人気商品「マグネットでくっつく窓付き便利ケース」(110円・税込み)は中身の見える丸缶。

マグネットでくっつく窓付き便利ケースの裏面

筆者宅はつまようじや輪ゴムを入れて冷蔵庫脇に貼りつけ収納をしています。つまようじは調理の下ごしらえ、輪ゴムは残った食材管理などで頻繁に使うモノ。むき出しにしたいところですが、愛犬の誤飲防止のためフタ付きの容器に収納しています。

フローリングの色に似ていて、うっかり床に落ちても気づきにくい、つまようじや輪ゴム入れにおすすめのアイテムです。

キッチンの扉にドアフックで吊るす収納もおすすめ!

ステンレスドアフック

筆者はフタ付きのコーヒーポットをジョウロ代わりに使っています。水を入れるときに毎回フタを取り外す動作が面倒に感じていました。

そこで、ネットショップで1個200円程度で購入したステンレスのドアフックをシンク下のキッチン扉に取付けました。フタを外して吊り下げ収納したところフタを取るわずらわしさが無くなりストレスレスに。

ステンレスドアフックに吊るした茶色の野田琺瑯コーヒーポット

キッチンで毎日使うモノは、とにかく出し入れのしやすさを重視した収納にすると、家事の時短につながります。100均の優秀マグネットアイテムを活用してぜひ暮らしに取り入れてみてください。

●教えてくれた人/佐野久美子さん
整理収納アドバイザー準1級。調理師の免許も取得している。「小さな工夫で心地よく暮らす」をテーマに、暮らしを快適にするためのオリジナルアイデアを発信している