収納術

カマタ ユキコカマタ ユキコ

山崎実業のブレッドケースを避難場所に。テーブルに出しっぱなし、がやめられた

電子レンジやトースターとも馴染む山崎実業のブレッドケース

キッチンはごちゃつきやすく、生活感が出やすい場所です。この悩み解消に日刊住まいライターが見つけたのが、山崎実業のtowerシリーズのブレッドケース。飽きのこないシンプルなデザインが魅力です。

サイズが大きめなので置き場所に困ると思いきや、その収納力が威力を発揮!救世主といえるほど、大活躍してくれているそうです。その魅力をレポート!

ブレッドケースは大きいが、上にトースターが置けてスッキリ収まる!

山崎実業の人気のtowerシリーズのブレッドケース

山崎実業の人気のtowerシリーズから販売されているブレッドケース(7920円・税込み)。トースターより一回り大きいそのサイズから購入するのをためらっていました。サイズとしてはカップボードにギリギリ置くことはできますが、キッチンに圧迫感が出そうだからです。

ブレッドケースの上にトースターが置ける

購入してみるとその不安は消えました。どっしりとしています。しっかりとしたつくりなので、ブレッドケース上部にはトースターを置くことができたからです。

サイズは横40㎝×奥行き34.5㎝×高さ24㎝で、重さも6キロ弱。内容量は27Lもあります。

電子レンジとトースター、ブレッドケースやコーヒーメーカーをすべて一列に並べることができない筆者宅には、うれしい頑丈さです。

山崎実業(Yamazaki)ブレッドケース ブラック

山崎実業(Yamazaki)ブレッドケース ブラック

パンや調味料、紅茶などをすっきりとまとめて収納できる27Lの大容量ブレッドケース。

Amazone詳細ページへ

おやつやお菓子もこの中に!テーブルに出しっぱなしもなくなった

山崎実業のブレッドケースはパン以外の収納にも活躍

すぐに使うわけではないが取り出しやすい場所に置いておきたい、いわゆるモノの一時避難場所として活躍中です。中には食パンを入れることはもちろん、まだ開封していないドレッシングやラップ、調味料やもらいものなどを収納しています。

おやつやお菓子もこの中に入れて見えなくすることで、テーブルに出しっぱなしということもなくなりました。

磁石を貼り付けることもできるので、電子メモパッドを設置

磁石を貼り付けることもできるので、電子メモパッドを設置してみました。メモや一覧表なども貼り付けて確認する使い方も可能です。

ブレッドケースを開けている途中で手を離すと、ケガをする恐れも

スチール製なので、フタを開けるときは、それなりに力が必要です。取手を引っ張ると本体がズレるということもありません。しかし開けている途中で手を離すと、ケガをする恐れも。

扉を開くときには持ち手をしっかり持ち、扉が台の設置面に接触するまで手を離さずにゆっくりと開くようにと説明書にも記載されています。子どもがいる家庭では特に注意が必要です。

キッチンにすぐに隠せるケースが便利な場所にできたことが最大のメリット

ブレッドケースは家族で共有できるストックケースとして活躍

購入当初は筆者宅では手に余ると思っていたこのブレッドケース。開梱するときにはもっと小さいブレッドケースのほうがよかったかも…、と思っていました。しかし実際に使ってみると驚くほど便利です。

とにかくすぐに隠せるケースが便利な場所にできた、というのが大きな変化だったと思います。

筆者だけでなく夫も自然とこの中に食料品や日用品を入れることも増え、家族で共有できるストックケースとして活躍してくれています。

色はホワイトとブラックの2色展開で、筆者宅はカップボードや冷蔵庫の色に合わせてブラックに。自然と馴染んでくれるシンプルなデザインで、インテリアにも違和感なく溶け込んでくれています。

機能性とデザイン性を兼ね備えたブレッドケースは、キッチンの救世主と断言できる優れものでした。