クイズ

Sumai編集部

緊急入院した親に生命の危機が迫る。代理人と証人がいれば有効な遺言はつくれるか?

有効な遺言

親からの相続、どう考えているのか知りたいけど、切り出しにくいですね。もう、遺言を書いているのかも気になります。

実は遺言についても、効力を発揮するものである条件が、民法で詳しく決められています。
この遺言の効力についても、土地の取り引きをするための国家資格・土地建物取引士の試験問題で出題されます。
答えはできる?できない?さて、あなたは正解できるか!

【今回の問題】
疾病によって死亡の危急に迫った者が遺言をする場合には、代理人が2名以上の証人と一緒に公証人役場に行けば、公正証書遺言を有効に作成することができる。(平成22年試験問題より一部抜粋)

死期が迫っているときでも、有効な遺言には取り決めがある

入院して死期が迫っている状態

正解は…誤り。証人は3人以上で口頭で述べられないと作成できない。

「お父さん、しっかりして!」
病院に子どもたちが集まり、今にも命の灯が消えそうな状況。自分で字を書けないことはもちろん、意思表示もできません。このまま死なれたら、相続問題が勃発しそう!というシーンを想像してください。

このとき証人がいれば、代理人によっての遺言が可能かという問題です。

一刻を争うような状況。代理人とそれを証明する証人がいて、一緒に公証役場に行けば、遺言は有効に作成されるに十分と思う人もいるでしょう。
でも、これではダメです。

まず、代理人によって遺言をすることはできません。
民法961条に、疾病によって死亡の危急に迫った者が、有効な遺言をするためには、証人3人以上を立ち会わせて、あくまで本人がそのうちの1人に遺言の趣旨を口頭で述べる必要があると記されています。

この遺言を一般危急時遺言といい、満たさないといけない条件以下の4つです。

  • 証人3人以上の立ち会い
  • 遺言者が遺言の趣旨を証人の1人に口授する
  • 口授を受けた証人が、これを筆記して遺言者および他の証人に読んだり閲覧させたりする
  • 証人全員がその筆記内容の正確さを承認したあと署名押印する

パソコンで書いても日付と捺印すれば自筆証書遺言になる!?

遺言状をパソコンで書く

同じ設問のなかには、気になる2つの設問もあります。

  • 自筆証書遺言はワープロ等で印字したものでも日付と氏名を自書し押印すれば、有効な遺言になるか?
  • 夫婦で同一の証書で有効な遺言をすることはできるか?

こちらはどうでしょう?

正解はどちらもダメです。

まず自筆証書遺言ですが、これは全文自筆で書く必要があります。
また、遺言は1通につき1人と決められています。

相続のことが気になるなら、有効になる遺言のことをよく知っておくといいでしょう。

ちなみに遺言は15歳以上なら、有効となります。高齢者だけのものではないのです。

公道に面してない土地の通行権のことが気になるならこちらも!

接道してない土地の通行権について
公道に接していない土地を買った。お金を払わずに隣地を通行できる?

画像/PIXTA