収納術

ワトコワトコ

洗濯家事の「乾かない、しまうのが面倒」をラクに解決するコツと習慣

洗濯

毎日の洗濯家事。洗って干して、取り込んでしまって…と工程も多く、なかなかの大仕事。できるだけ効率よくすますことができたら理想です。

そこで今回は、インテリアブログを主宰するワトコさんが実践している、洗濯に関する時短ワザを紹介。ちょっとしたコツで洗濯がグンとラクに!

ワザ1.洗濯物を仕分けておく

洗濯物をカゴに入れる

洗濯をする前にアイテムを分けておくと、そのあとの作業がしやすくなります。

たとえば、「普通洗い・ドライ手洗い」や「タオル・その他の洗濯物」「靴下・その他の洗濯物」というように、複数のカゴを用意してあらかじめ仕分けをしておけば、なにも考えずに洗濯機に放り込むだけなのでラクちん。

ペアを見つけるのが難しい靴下は、洗濯機に入れる前にネットにまとめてしまうのもおすすめです。

ワザ2. 洗面所に収納スペースを設置する

洗面所の洗濯機と収納

洗濯機で乾燥までしてしまうなら、洗濯機のそばに収納スペースがあるとよいです。

わが家の場合は、スリムタイプのカラーボックスに、入浴後に必要な衣類やタオルを収納しています。各自の部屋のクロゼットに行く手間なく、洗濯機からダイレクトにしまえるので、洗濯後の片づけが手早く終了!

洗濯後に外干しや室内干しをする場合でも、洗濯物を干す場所の近くに家族共用のクロゼットを設けるなど、しまう場所が近いと片づけ作業が手早くすみます。

また、洗面所に収納スペースを設けてしまうのも手。わが家の家族には、生活しやすいと好評です。便利な洗面所収納の方法を以下に紹介します。

洗面所に収納すると便利なものは?

部屋着やタオル、靴下など

どのようなものを洗面所に収納にすると便利なのでしょうか?それはズバリ毎日洗濯するもの。おすすめは以下のアイテムです。

  • タオル
  • 下着や肌着
  • 靴下
  • パジャマや部屋着

このような頻繁に使うアイテムを洗面所に常備しておくと、お風呂上がりの着替えもラクラク!「お風呂の準備」もカットできるので、家族にも喜ばれました。

洗面所に収納する数を絞る

部屋着など

とはいえ、洗面所はそんなに広いスペースではないので、収納するものの数を絞り込むこともポイント。目安としてはだいたい4〜5日分、洗濯をしながら1週間にギリギリたりるくらいの枚数にするのがコツ。すっきりときれいな状態を保ちながら、便利・時短をかなえるのにちょうどよい分量です。

ニトリ&ダイソーの収納ケースがおすすめ!

ニトリのNインボックス

洗面所収納でおすすめは、ニトリの「Nインボックス」。深さや幅違いのもの、別売りでフタやキャスターなどもあり、自分のスタイルに組み合わせて使うことができます。色展開も豊富で、なかでもホワイトは真っ白の色調なので清潔感もあり、洗面所にもぴったり!

ダイソーの布製ボックス

ダイソーの布製のボックスも使い心地がよいです(こちらは330円商品)。布製のボックスはギュッと詰めると少し広がるので、パジャマなどかさばるものも収納しやすい!

ワザ3. 部屋着やパジャマは乾きやすい素材を選ぶ

パジャマ

洗濯物がなかなか乾かないことも、意外とストレスになりがちです。とくに梅雨の時期は生乾き感が気になることも。

たとえばパジャマのパンツのポケット部分などは、いつも乾きにくくて気になることも多いです。ちょっともったいない気もしますが、気になるものは思い切って処分。乾きやすい素材を選べば、洗濯家事のストレスが解消します。

バスタオル

自分にとってストレスに感じることは、率先して手放すのが健全です。私にとってはバスタオルの洗濯もそのひとつでした。かさばるし乾かしにくいのが嫌で、1か月ほど使用をやめてみました。わが家ではとくに困ることがなかったので、そのまま処分。すぐやめてしまうのではなく、しばらく様子を見てから決断すると家族からの同意も得やすいです。

ちょっとしたことを工夫するだけでも、家事の時短はかないます。省ける作業はないか、効率よくすませる方法はないか、一度、見直してみるのもおすすめです。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中