収納術

ワトコワトコ

そのしまい場所、間違ってない?片づけがぐんとラクになるちょっとしたコツ

文具収納

片づけたはずなのに部屋が散らかって見える、ものがすぐに出しっぱなしになる…。その原因にもいろいろありますが、ものの定位置がきちんと定まっていなかったり、出し入れが不便だったりすることもひとつ。

でも、ちょっとしたコツさえつかめば、片づいた部屋はつくれます。その方法をインテリアブログの主宰者・ワトコさんに教えてもらいました。

持ちすぎは片づかない原因!収納アイテムを増やす前に「見直し」を

収納ボックス

片づけをしよう!と心に決めたあと、真っ先に収納ボックスを買いに行くのはNG。まずは必要なものとそうでないものの整理をし、どこにどのように収納するかを見直していきましょう。

在庫がありすぎて使いきれていないものがあれば、今あるものは率先して使い、買い足す頻度を減らす努力を。

早く使いきりたいものは、目につく場所に

フェイスパック、化粧水

なんとなく捨てられずに置いている化粧品サンプルや使いかけの食品などがあれば、早めに使いきってしまうとよいです。またそのうち…と思って放置しておくと、期限が過ぎて使えない、収納スペースに余裕がなくなるといったことも。

使用期限のあるアイテムは、見つけたらしまい込まずに目につく場所に置いて。使うまでのアクションを減らし、すぐ手に取れるようにしておきましょう。

出しっぱなしのアイテムをチェック

リモコンスタンド

片づかない部屋を見渡すと、いつも出しっぱなしにしているアイテムがあることも多いです。たとえばリモコンやリップクリーム、鍵など。いつも同じ場所に置いたまま片づけないのであれば、その場所こそが理想の収納場所。インテリアの一部にしてしまえば見せ収納として成り立ちます。

おしゃれなリモコンスタンド、キープレートなどを準備して、むしろ見せたいと思うような置き方にしてみましょう。

うっかり散らかすものこそ、デザインにこだわったものを

住居用洗剤

とはいえ、置きっぱなしにしていると見た目がいまいち…というものは、デザインにこだわってみるのもおすすめ。

たとえば、掃除グッズ。汚れに気づいたときにサッと掃除できるように、住居用洗剤などを部屋に置いておくと便利ですが、インテリアとしては好ましくありません。そんな場合は、生活感を感じにくい色合いやシンプルなものを選んだり、ボトルに詰め替えたりなどして、出していても気にならないようにしましょう。

固定観念を捨てて、自分の生活にあった住所を設定

ハサミ

同じアイテムは同じ場所にしまわなくてはいけないと思いがちですが、意外とそうでもありません。わが家ではハサミを複数の部屋に置いています。洗面所で洗剤を開封するとき、衣装部屋で服のタグをカットするときなどに、毎回ハサミを取りにいく手間を減らすこともできて一石二鳥。

必要なものを必要な場所に収納すると、ものの出しっぱなしが少なくなります。

数が多いものは、必要な分だけ出す

ペン立て

ペンなどのステーショナリー類も、すべてを同じ場所に収納する必要はありません。必要な分量だけをよく使うところに出して、残りはストックに。ペン立てにペンがぎゅうぎゅうになっていると見栄えもよくないので、適量を選びましょう。写真左側が表に出しておくペン立て。右側はストックとして別の場所にしまいます。

箱に片づけるならラベルで中身をハッキリと

ラベル用マスキングテープ

収納ボックスなどを使うなら、外から見てなにが入っているかわかるようにしておくと迷いません。透明のケースを使ったり、ラベルを貼ったりすると簡単。自分だけでなく家族が見てもわかりやすくしておくと、ものを探す手間も減り、使い終わったあとに戻すのも簡単です。

その都度ラベルをつくるのは面倒という方には、ラベル用マスキングテープがおすすめ。ミシン目がついたものもあり、手軽に使うことができます。

片づく家を目指すなら、ものの定位置を決めることがポイント。その際は、使う頻度やどこで使うかをいちばんに考えて。使ったらすぐに戻せる場所を定位置に指定すると身につきやすいです。ものの定位置さえ決まれば、あとは同じところに戻すだけ。片づけがぐんとラクになります。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中