暮らしのコツ

木村 充子木村 充子

窓への直射日光を防ぐ、ダイソー「ウインドオーニング」で涼しい&エコな夏を

ダイソーの「ウインドオーニング」を取りつけたリビングの窓
夏の暑い日差しが窓に当たると、室内の温度が上がります。また、肌や家具に影響を及ぼす紫外線も気になるところ。そこで試してほしいのが、日よけの設置です。

インテリアコーディネーターの木村充子さんはダイソーで「ウインドオーニング」という商品を発見、取りつけてみました。結論は「大満足!」。お手軽価格で工具不要の「ウインドオーニング」の詳細をレポートします。

4つのサイズから選べるダイソー「ウインドオーニング」

屋根がなく、雨ざらし、日ざらしの筆者宅のベランダ。オーニングがあったらいいなと思いつつ、設置には外壁に穴をあける工事が必要なため、決断することができないでいました。

ダイソーの「ウインドオーニング」

そんなときに見つけたのがダイソーの「ウインドオーニング」。専用オーニングフックも販売されていて、外壁に穴をあけずに簡単に設置ができます。

「ウインドオーニング」のサイズは4種類。74×90㎝、88×112㎝のものが110円(税込み)、90×180㎝のものが330円(税込み)、180×180㎝のものが550円(税込み)という低価格。カラー展開や性能はサイズによって若干異なります。

ダイソーの「ウインドオーニング」の遮光率は約85%

筆者が選んだ88×112㎝のサイズは、無地ブラウン、無地ネイビー、ブラウンボーダー、ネイビーボーダーの4色。UVカット率、遮光率は約85%。素材はポリエチレンで適度な透け感と張り感があり、これで100均とは驚きです。上下4か所のハトメに、フックやひもを通して固定します。

「ウインドオーニング」は、穴あけ&工具不要で取りつけ可

専用オーニングフックのタイプは3タイプ。窓回りの形状に合わせて選べます。

粘着タイプ

ダイソー「ウインドオーニング」の粘着タイプ専用フック

板壁、タイル、アルミサッシに。板壁やタイル壁などのなめらかな面の外壁や、6㎝以上の幅があるアルミサッシに貼りつけが可能です。

マグネットタイプ

ダイソー「ウインドオーニング」のマグネットタイプ専用フック

スチールサッシや、電動シャッターのシャッターボックスに。強力な磁石でくっつけるだけなので、超簡単に取りつけられます。

ネジタイプ

ダイソー「ウインドオーニング」のネジタイプ専用フック

粘着タイプもマグネットタイプも適応外の場合はこちらを。

筆者宅はモルタル外壁で4㎝幅のアルミサッシのため、こちらのネジタイプを使用しました。

サッシの枠にダイソー「ウインドオーニング」のネジタイプ専用フックを取りつけたところ

ネジといっても手締めのネジが付属されているので、工具は必要ありません。サッシの枠に挟み込んで、ネジを締めるだけ。こちらも取りつけは簡単です。

専用フックが使えなくても大丈夫。物干し竿にも取りつけ可能!

筆者は専用オーニングフックの「ネジタイプ」を、ベランダに面した引き違いの掃き出し窓に取りつけました。しかし、ここで問題が発生。サッシにフックを固定したため、網戸が動かせなくなってしまったのです。

ダイソーの「物干し竿にピッタリ固定」を物干し竿に取りつける

そこで、専用のフックの使用をあきらめ、物干し竿を使って取りつけることにしました。ダイソーの「物干し竿にピッタリ固定」を物干し竿につけ、カードリングで上辺のハトメと固定しました。物干し竿を使うときはサッと外せます。下辺のハトメはベランダの手すりにひもで固定して、設置完了です。

ウインドオーニングの効果を実感。before & afterを比較

筆者宅のリビングの窓は東向き。午前中は暑いほどの日差しが入るため、夏はカーテンを閉めていました。

before

午前中は暑いほどの日差しが入るリビングの窓

after

「ウインドオーニング」を設置したことで日差しをコントロールできるようになった
「ウインドオーニング」を設置したことにより、オーニングを通したやさしい日差しが室内に入るようになりました。これでカーテンを開けて解放感を楽しみつつ、日差しをコントロールできます。

ベランダの床でも「ウインドオーニング」で日差しをさえぎっている部分は、それほど熱くない
驚いたのがベランダの床の温度!「ウインドオーニング」の陰になっている部分とそうでない部分とでは、まったく違います。

お手頃価格で簡単に取りつけができる「ウインドオーニング」。お部屋にあったカラーで、窓の形状や大きさに合ったものが、お近くのダイソーで見つかるはず。これから始まる暑い夏を、エコで快適に過ごしてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人/木村充子さん
整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター。お片づけとインテリアのプロとして、ASAP(As Simple As Possible)を主宰し、整理収納レッスン&ワークやインテリアコーディネートを行っている