体験レポート&リサーチ

Sumai編集部

3000円で真夏のウッドデッキが楽園に!取りつけ簡単なミストシャワーをDIY

ウッドデッキに取り付けたミストシャワー

もうすぐやってくる夏。今年は少しでも快適に過ごしたいと思っている人は多いと思います。

日刊住まいライターは、3年前に暑い日は40℃を超えるという、自宅のウッドデッキに「ミストシャワー」をDIY。取りつけは意外と簡単で、費用も3000円程度でできたそうです。

どんなふうに設置したのか?実際に夏場にミストシャワーを出してみた前後の温度変化どのくらいあったか?詳しくレポートします。

真夏のウッドデッキが暑すぎる!ミストシャワーを導入してみることに

ミストシャワー吹き出し口

私の住む地域は夏の暑さが厳しく、毎年最高気温がニュースになるほどです。せっかくつくったウッドデッキも、真夏には鉄板のような熱さになってしまいデッキで過ごすことができませんでした。そこで3年前の初夏、DIYでミストシャワーを購入しました。

蛇口につなぐだけでOK!リーズナブルなミストシャワーを購入

筆者が見つけたのは、タカギの「ガーデンクーラースターターキット」。ホームセンターやインターネット通販で購入することができます。

ワンタッチで蛇口と直結できるホース

購入の決め手は3000円程度と手ごろな価格だったこと。そのほかにも、蛇口にワンタッチで直結できて手軽、水道の水圧でミストを出せ電池や電源の確保がいらないことなどもポイントでした。

タカギ(takagi) ミストクーラー ガーデンクーラースタータキット

タカギ(takagi) ミストクーラー ガーデンクーラースタータキット ミスト G701

微細なミストがお庭を涼しい空間にするガーデンクーラー。蛇口に取り付けるだけで、電気や電池も不要です。設置に必要なアイテムを揃えたスタータキットです。

Amazone詳細ページへ

取りつけは「結束バンド」を使って1時間弱で終了。蛇口をひねればミストが

ミストシャワーをDIYで取り付け

取りつけは簡単で、作業は1時間ほど。結束バンドを使ってウッドデッキの屋根の骨組みにくくりつけるだけでした。あとは、蛇口をひねるだけです。

涼しくなって快適!真夏のウッドデッキが子どもの遊び場に

ミストシャワーで散水した前後の温度変化

ミストシャワーを出すと、ウッドデッキにつながる掃き出し窓も涼しく感じられます。本当に温度が下がっているのか、最高気温が27℃を超えた夏日に実際に測ってみました。計測場所はウッドデッキに続く掃き出し窓の表面温度。計測には非接触式体温計の温度計モードを使用。

14時、気温が上がりきった時間帯に窓の表面温度を室内側から測るとなんと42.4℃。ミストを1分間出したあと、同じ位置で再度測ってみると31.3℃。なんと約10℃も温度が下がっていました。ミストシャワーをつけると涼しく感じていたのも納得です。

ミストシャワーをつけてから、真夏でも子どもたちがウッドデッキでプール遊びができるようになりました。子どももミストシャワーに大喜び!大人は涼しい室内から遊ぶ様子を見守れます。

ミストの出るウッドデッキは見た目も涼しげでなかなか風流です。日の当たり方によってウッドデッキに小さな虹がかかるのもちょっとうれしくなります。

また、水道に直結させてミストを噴出させる単純なつくりのためか壊れにくく、わが家の場合は、設置から2年間屋外に出しっぱなしでも目詰まりすることなく十分なミストが出ています。

濡れたウッドデッキ

しかし、デメリットも。ミストの粒が荒いので、空中に拡散しない水分によりウッドデッキがかなり濡れます。5分も水を出すとウッドデッキが全面湿るくらいになるので、ミストを出しながら夏のウッドデッキでバーベキューをしたり、本を読んだりするには、厳しいです。

また、毎日のようにミストを使っていた夏休みには、水道代が月1000円ほど上がってしまいました。しかし、昨年はステイホームの夏休みだったこともあり、おうち遊びを充実させるための必要経費だったと感じています。

3000円程の出費で灼熱のウッドデッキが子どもたちの遊び場になりました。わが家のように暑いウッドデッキにお悩みの方は、試す価値アリです。