お宅拝見

シマムラ アサミシマムラ アサミ

【マンションリノベ事例】IKEAキッチンがいい仕事してる!家族で一緒に料理している気分になれる家

家族の会話がはずむオープンキッチン

「ゆとりある暮らし」をテーマにして、約100㎡の住まいをリノベーション。とくにキッチンにこだわり、料理する人が孤立せず、リビングダイニングにいる家族を見渡せるオープンなキッチンに。鮮やかなグリーンの塗装がアクセントになっています。

家族を近くに感じられるオープンキッチン

IKEAで統一したⅡ型キッチン

既存は独立型のキッチンでしたが、家族とのコミュニケーションが円滑にとれるよう対面式のⅡ型に変更。収納が豊富なうえ、カウンターや作業スペースが広いので、何人かで料理をするときもゆとりがあります。

鮮やかなグリーンで塗装したキッチン

キッチン本体とカウンターはIKEAのものをカスタマイズしました。「なるべく重苦しい雰囲気にしたくない」という理由から、作業台のステンレスはできるだけ薄いものを選び、木の質感を生かしたつくりに。

「細かいことかもしれませんが、仕上がりの雰囲気がまったく違いますね」(夫)

食器は見せる収納に

料理が趣味という夫が中心となり、壁の色、インテリア、動線、収納などを工夫し、夫婦で協力して理想のキッチンをつくり上げました。旅先で買うことが多いという個性的な器は、扉なしの見せる収納に。出し入れのしにくい大きな鍋類も、あえて見せる収納にすることで、使いやすさをアップさせています。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫40代 妻40代 長女

▼リノベを選んだ理由
子どもが生まれたことがきっかけで、自分たちの住まいを持ちたいという思いが出てきたため。また、夫婦そろって建築が好きなので、自分たちで好きなようにできるフルリノベをしたかったから。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/94.62㎡ 工事費/1680万円(税・設計料込み)

広々リビングは本棚でゆるく仕切りを

躯体現しのままの天井

二面採光の明るいリビング。大きな窓から光が差し込み、空間にさらなる開放感をもたらしています。

LDKとオープンスペースを仕切る本棚

LDKはワンルームのような大空間で、リビングの一角を本棚でゆるやかに仕切っています。

リビングの一角にあるオープンスペース

現在はおもに子どもの遊び場として活用していますが、将来は独立した個室にすることもできます。

将来は2部屋にもできる寝室

窓際から奥に進むと、寝室があります。街路樹が見える大きな窓を生かした、シンプルでゆったりとした空間です。現在は寝室の一角をワークスペースとしても活用しています。

ゆとりある玄関まわりとシンプルなサニタリー

ベビーカーもゆったり収納できる玄関土間

広々とした玄関土間。子どもの自転車やバギーなども難なく収納できるスペースを確保しました。

廊下の洗濯機はルーバー扉でカバー

配管の関係で廊下から動かせなかった洗濯機は、ルーバー扉でさりげなく目隠し。

カラータイルが鮮やかな洗面室

壁面にカラータイルを取り入れて、遊び心をプラスした洗面室。収納棚はキッチンと同じバーチ材を用いて、統一感を出しました。

ミニマムデザインのトイレ

トイレは清潔感を重視してミニマムデザインに。

複数人でも調理がしやすい作業台

仲介からプランニングまでを担当したリノベーション会社・EcoDecoの岡野真弥さんには、物件の内見にも同行してもらいました。「その場でどんどん提案してくれて、リノベーションでできること、できないことがすぐに分かり、助かりました」 と夫妻。希望のインテリアも実現することができ、大満足のリノベーションになったようです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図リノベーション前
リノベーション後の間取り図リノベーション後
プロデュース・設計/EcoDeco
中古マンションリノベのワンストップサービスのパイオニア。全コーディネーターが不動産探しから設計まで一貫して担当。不動産と設計のプロとしての知識と経験を併せ持ち、内見時には両方の視点からアドバイスができる。施工会社はコンペ形式で、公平性がある。福岡オフィスもあり。

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラス vol.39」掲載時のものです