インテリア・雑貨

ワトコワトコ

さわやかな色使いやガラス素材で涼を呼び込む!手軽な夏インテリアのつくり方

「涼」を意識したインテリアに模様替え

本格的な夏を迎える前に、「涼」を意識したインテリアに模様替えしてみましょう。テーマカラーは青や白がおすすめ。ガラスや植物などを効果的に使うことで、よりすてきな演出ができます。

インテリアブログを主宰するワトコさんに、簡単にできる夏らしく涼しげな部屋のつくり方を教えてもらいました。

テーマカラーは「青」や「白」がおすすめ

白と青でまとめたインテリア

模様替えはテーマカラーを決めるところから始めます。涼しげなカラーといえばやはり青。青には「さわやか」「冷静」「涼しげ」などの落ち着いたイメージがあるため、快適な部屋づくりにひと役買います。

また、白も人気のカラー。白は「涼しさ」「清潔」「軽量」などを連想させるため、夏らしいインテリアにピッタリです。今年のわが家はこの2つのカラーにゴールドを足して「青・白・ゴールド」で夏のインテリアをつくりました。

涼しげなガラス素材で夏らしさをプラス

ガラスの花瓶

夏っぽいインテリアにはガラス素材の雑貨がおすすめ。ガラスは光を通すので明るさも感じられます。透明のガラスアイテムもよいですが、ブルーなどのカラーアイテムを選ぶとこなれ感が出てよりおしゃれな雰囲気に。

LEDキャンドルスタンド

こちらはIKEAのLEDキャンドルスタンド「ペルルバンド ティーライトホルダー」です。こういった雑貨は季節を選ばず使えるので、ひとつあると便利。また、ゴールドはどんなテーマカラーに合わせてもマッチしやすく、高級感を添えてくれます。

明るい花や植物で気持ちをリフレッシュ

水耕栽培の観葉植物

暑さから気持ちをクールダウンさせるなら植物がおすすめ。観葉植物は鉢植えではなく、水耕栽培にして涼しげに。画像のパキラやポトスのようにお世話の簡単なものを使って、インテリアにうるおいをプラスするとよいです。

ひまわり

花を飾るなら、ヒマワリ・アジサイ・ダリアなど。ホワイトやブルーでまとめた部屋の差し色になるような色を選ぶとすてきです。

ファブリックは寒色を使う

ブルー系のクッション

布系のアイテムは寒色を選ぶとよいです。海を思わせるブルーなら、より清涼感を味わえます。サラリとした心地よい素材のものを選び、視覚的に体感温度を下げる工夫をしていきましょう。

複数のクッションカバーを使ってもカラーを統一しておけば、チグハグな雰囲気にもならずさわやか。北欧デザインのクッションなら上品さと癒やし効果を兼ね備えていて、なおかつインテリアに馴染みやすいです。

海や風を思わせる、夏らしい雑貨を飾る

シェルなどの海を感じる雑貨

シェル

海に関する雑貨を飾ると、とても夏らしい雰囲気になります。シェルなら家の中でも自然を感じることができるため、癒やしの空間をつくることが可能です。

ウィンドチャイムなど風を感じる雑貨

ウィンドチャイム

窓を開けたときなど、風を感じたときに音が鳴るウィンドチャイムもすてきです。ウィンドチャイムの高く繊細な音は、暑さを忘れさせてくれるので夏に人気のアイテムです。

ブルーの食器で食卓を彩る

青色食器イッタラ&イケア

食器を使ったコーディネートも青系でまとめるとおしゃれ。価格が高い、あるいは大柄になりがちな、家具や家電の買い替えと違って、食器の買い替えは難易度も低いです。テーブルコーディネートに気軽に取り入れられます。

夏が似合うスッキリした部屋に

シェル、雑貨など

夏のインテリアは風が通り抜けるような空間を意識して、雑貨は少なめに「ポイントで魅せる」のがおすすめ。できるだけ引き算をしてリラックスできる部屋にしつつ、ものを出しっぱなしにして圧迫感を出さないように心がけましょう。

見た目に涼しさをプラスするインテリアのコツを7つご紹介しました。夏を快適に過ごす部屋づくりに役立ててみてください。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中