暮らしのコツ

beachmamabeachmama

おしゃれな家族のフォトギャラリーが、ダイソー「貼れるボード」で簡単に

完成したフォトパネル

うまく撮れた家族写真は、家の中に飾って楽しみたいもの。写真立てに入れて飾る方法もありますが、ダイソーの「貼れるボード」が便利。ボードに写真を貼って飾ると雰囲気が出て、ランダムに壁に飾るだけでおしゃれなフォトライブラリーのようなスペースに。さっそくその方法をご紹介します。

ダイソーの「貼れるボード」で簡単にフォトパネルがつくれる

スマホで撮影した家族写真は、半年〜1年に1回くらいのペースでスマホアプリを利用してプリントしています。プリントした写真はアルバムに保管していますが、よく撮れた写真は家の中に飾って楽しみたいもの。写真立てだと地震のときに落下するのが心配なので、いい方法がないかと探した結果、ダイソーの「貼れるボード」という商品を発見しました。

ダイソーの「貼れるボード」

スチレンボードという発泡スチロールを少し固くしたようなボードです。軽くてとても扱いやすく、好きなサイズにカットして使用できます。

「貼れるボード」のフィルムをはがすと片面がシールになっている

フィルムをはがすと片面がシールになっています。

厚さ5㎜の「貼れるボード」

サイズは450×300㎜、厚さは5㎜ほどあります。写真やポスターを貼って壁に飾ると立体感が出て、はなやかな雰囲気になります。余白を残せば、イラストを描いたり、デコレーションしたりすることもできます。

マステを使えば気軽に位置を変えやすい

両面テープやマスキングテープ、カッターなどを用意する

フォトパネルのつくり方はとっても簡単。カッターと両面テープとマスキングテープを用意します。

飾りたい写真のサイズに合わせて「貼れるボード」に印をつける

まず、飾りたい写真のサイズに合わせて「貼れるボード」に印をつけ、カッターでカットします。

カットした「貼れるボード」のシールをはがす

貼れるボードのシール部分に写真をはみ出さないように貼ります。

両面テープの上にマスキングテープを貼る

気軽に位置を変えたり、新しいパネルを追加したりできるよう、筆者はマスキングテープの粘着部分を利用して壁に貼っています。まずは両面テープを四方に貼ります。

マスキングテープの粘着部分が表にくるように両面テープに貼り付ける

その上からマスキングテープの粘着部分が表にくるように両面テープに貼りつければ完成。マスキングテープの粘着力を利用して壁に貼ります。跡が残るのが心配な場合は、繰り返し貼ってはがせるタイプの両面テープなどを使ってもいいと思います。

家族と思い出を共有できるフォトライブラリー

ちょっとしたフォトパネルスペース

階段横の壁にちょっとしたフォトライブラリーをつくってみました。サイズ違いの写真をランダムに壁に並べただけですが、雰囲気ががらっと変わって楽しいスペースに。ちなみにスマホで撮った写真はLサイズ(127×89㎜)で、写真館で撮ったものは2Lサイズ(178×127㎜)で注文することが多いです。大きすぎると扱いにくいので、この2つのサイズだと見返しやすく、飾りやすいのでちょうどいいと感じています。

フォトパネルを飾った壁

写真館で撮影した2Lサイズの写真は、次女が写真館の雰囲気に慣れてなくて泣いてしまい、長女がたくさんフォローしてくれなんとか撮れた1枚でした。家族でもよくそのときのことが話題になる、お気に入りの1枚です。

なるべく躍動感のある楽しそうな写真を飾るようにしていて、お気に入りの1枚が撮れたらフォトパネルにして少しずつ増やしています。両親は、遊びに来たときにこのフォトライブラリーを見るのを楽しみにしてくれています。子どもたちも、自分の写真が飾ってあるのはちょっと照れるけど嬉しいようです。

スマホで撮影して終わりではなく、いい写真が撮れたらひと手間かけて飾ることで、家族と思い出を共有してみてはいかがでしょうか。