暮らしのコツ

よしママよしママ

ゴキブリはエアコンのドレンホースから侵入します。おすすめグッズ&DIYを紹介

エアコンのドレンホース

この時期になると、毎年悩まされるゴキブリ問題。「とくにエアコンまわりによく出没する気が…」と思っている方、いませんか?

「エアコンには、エアコンから出てくる水を外へ排出するドレンホース(排水管)というのが必ずついています。じつはこのホースを伝ってゴキブリが室内へ侵入することがあります」と話すのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。ゴキブリの侵入を防ぐためのグッズは、100均でも手に入ります。また、家にあるもので対策も可能。解決方法を解説します。

セリアの防虫キャップがかわいくて実用的!

セリアの防虫ドレンホースキャップ ねこ型

ダイソーなどの100均にも、防虫キャップが売られていますが、とくにセリアの防虫キャップが実用的でかわいかったので紹介します。「防虫ドレンホースキャップ ねこ型」は、2個入りなので2つのエアコンに設置できます。

防虫キャップ

ドレンホースの内径14㎜、16㎜の2つのサイズに対応しています。ホースとの接続部分が2種類の幅になっていて、ホースの内径のところで止まる仕組みです。内径は、ホースの先に書かれていることもあるのでチェックしてみましょう。

防虫キャップをとりつけるときのコツ

ドレンホースの先端を古ハブラシで掃除

1.まずは、ホースの中に入っている砂や汚れを、古ハブラシなどでやさしくかき出しておきます。

ホースの先端をハサミでカット

2.ホースの先端が広がっていると取りつけにくいので、その場合は接続部分をハサミでカットします。

ホースの先端に防虫キャップをつける

3.キャップを入れ、きっちりとまる場所まで差し込みます。

防虫キャップをビニールテープで固定

しっかり差さらないときは、ビニールテープなどで留めます。

ねこ型の防虫キャップ

見た目がかわいいねこ型のキャップ。わが家のドレンホースは内径14㎜で、ねこ型の穴は1~2㎜ほどなので、穴を10分の1ほどの大きさにすることができました。

家にあるもので対策する方法

防虫キャップを買わなくても、家にあるものでも簡単に代用できます。ホースが朽ちていてキャップが取りつけられない場合などは、自作キャップで侵入を防ぎましょう。

準備するもの

ビニールタイ、排水口ネット、ハサミ
・排水口ネット
・ハサミ
・ビニールタイ

つくり方

排水口ネットを半分にカット

1.排水口ネットを半分にカットする。

ドレンホースの先端にネットをつける

2.ホースに取りつけてビニールタイで縛る。

今回は排水口ネットを使用しましたが、ミカンネットやストッキングなど通気性のよいものでも代用できます。口を縛るときは、輪ゴムだと朽ちてはずれてしまうので、長持ちしやすい麻ヒモや園芸用のビニールタイがオススメです。

ネット部分にゴミが絡まりやすいので、半年に一度はゴミが詰まっていないか、破れていないか確認を。破れたら取り換えます。

ドレンホースのキャップで、すべての虫や砂、ホコリの侵入を防止できるわけではありません。でも、ゴキブリの侵入口は小さくできます。ぜひ試してみてください。

●教えてくれた人/よしママさん
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)