家事

佐野 久美子佐野 久美子

今すぐふきんを手放せ!キッチンペーパーのマルチ使いが、忙しい人には正義

キッチンペーパーをふきん代わりに使う
キッチンにあって当たり前だと思っていたものを見直してみると、かえって清潔になり、そのうえ、スッキリ片づく場合もあります。

日刊住まいライターもそんなひとり。ふきんと洗剤トレイ処分してキッチンペーパーを使うようにしたら、キッチンの気になるニオイやヌメリが解消。さらに掃除の負担も軽減されました。
さっそく、レポートします。

固定概念を捨ててふきんをキッチンペーパーに替えたことで雑菌臭も撃退

キッチンペーパーで流しの周りをふく

キッチン回りの掃除は、ふきんをやめてキッチンペーパーを使っています。アラフィフ世代の筆者は長い間、ふきんの1枚くらい洗って繰り返し使うのが当然、キッチンペーパーを使うのはもったいないと思っていました。

キッチンペーパーでコーヒーマシーンを拭く

ですが、1年ほど前からふきんをキッチンペーパーに切り替えました。布のふきんを使い捨てのキッチンペーパーに変えただけで、洗ったりつけ置きしたりする手間から解放。気になっていた雑菌臭もなくなりました。

以前は流し用、家電用など場所ごとに専用ふきんを使っていましたが、すべてキッチンペーパーにおまかせです。

キッチンアルコールスプレーとキッチンペーパー

肉や魚を調理したときや、調味料や油汚れをふき取るときはキッチン用のアルコールスプレーを使っています。この場合、ふきんよりも乾いたキッチンペーパーが断然使い勝手がいいです。

使用後も捨てる前に、排水口にたまった生ゴミを包めば、水切りができ無駄なく使いきれます。

食器洗剤置き場もキッチンペーパーにおまかせ、洗う手間やヌメリとお別れ

泡ハンドソープや洗剤の下に敷いたキッチンペーパー

以前は流しのそばに置く洗剤やハンドソープはトレイに載せていました。しかしこの方法だと、しばらくするとトレイに水分がたまりヌメリが発生。定期的にトレイを洗う必要が。

三つ折りのキッチンペーパー

次のトレイを探すまでの間、キッチンペーパー1枚を3つ折りしトレイ代わりに使ったところ、これが大正解。思いつきでやったことが今ではわが家の定番です。

洗剤トレイの代わりに敷いていたキッチンペーパー

トレイにしたキッチンペーパーは2日くらいでクタクタになるので交換しています。

流しの蛇口をキッチンペーパーで磨く

トレイとして使ったあとは、捨てる前に蛇口を磨くのに使用。

バスケットを外した排水口をキッチンペーパーで掃除
最後にもうひと仕事、排水口回りを掃除して処分。ですからもったいないという気持ちからも解放されます。

下処理した肉や魚の容器の下敷きにすれば、冷蔵庫の汚れも防止できる

バッドトに入れたサバの切り身

冷蔵庫内でもキッチンペーパーが活躍。わが家では下処理した肉や魚を入れた容器の下にキッチンペーパーを敷いています。伝わり落ちるドリップ(肉や魚の水分)を吸収してくれ、冷蔵庫の汚れの防止になります。

使ったあとは生ゴミを包むなどゴミの水切りに使えます。

キッチンペーパーは流し付近に置くのがベスト。おすすめホルダーは?

キッチンペーパーの配置場所は調理導線に合わせると作業がスムーズに。ご家庭によってキッチン間取りが違いますが、流しのそばに置くのがおすすめです。
ニトリシールフックペーパーホルダー
シンク掃除や調理中に身体の向きを変えずにサッと取り出せる場所として、わが家では流しの上の造り付けの棚の扉に設置しています。

キッチンペーパーを取り付けたニトリシールフックペーパーホルダー
使っているのはニトリ「シールフック ペーパーホルダー」(814円・税込み)。
貼ってはがせるシールフックなので、壁にキズがつきません。

キッチンで当たり前だと思って使っているものを見直してみると、日々の家事を軽減することがあります。ふきんや洗剤トレイを処分してキッチンペーパーを使うアイデア、取り入れてみてはいかがでしょうか。