体験レポート&リサーチ

カマタ ユキコカマタ ユキコ

収納網戸を8年使って大満足。掃除の手間なし、窓越しの景色もきれい

収納網戸

虫の侵入を防ぎ心地よい風を通す網戸。サッシの外づけタイプのものが一般的です。しかし最近は、内側に取りつけられて、網の部分が端のボックスの中に収納できるタイプのものが人気です。

室内側に取りつけるので、雨ざらしにならず、劣化しにくいことや、網戸を収納すれば眺望がじゃまされないなど、メリットも多いと言われています。実際はどうなのでしょうか?新築時に収納網戸を採用し、8年がたったという日刊住まいライターがレポートします。

これから家づくりを考えている人はもちろん、あとづけタイプの収納網戸もあるので、すでに家を建ててしまった人も参考に!

窓の内側に取りつける収納網戸は、雨風にさらされず8年たった今もきれい!

一般的な外づけの網戸

家を建てる計画をしていた頃、気になっていたのは床材や電気設備。網戸はどれにしたって、満足度はさほど変わらないだろうと、あまり重要視せずに計画を進めていました。

そんなときハウスメーカーが、提案してきたのがエクセルシャノンの収納網戸。収納網戸は網の部分だけが端のボックス状の部分にすべて収納される網戸のことで、横引き網戸、上下に収納できるロール網戸などがあります。

網戸は窓の室内側に取りつけるので、雨風にさらされることはありません。

一方で掃き出し窓の網戸は一般的な引き違いタイプで、室外側に取りつけているため掃除をするとぞうきんが真っ黒になるほど汚れます。

掃除もしにくいうえに、外に出しっぱなしの状態なので劣化も早いと感じていました。

リビングやダイニングに取りつけた収納網戸

掃き出し窓に比べてリビングやダイニングの収納網戸は、10年近く使っているとは思えないほどの美しさ。手で触れてみても汚れはほぼ見られず、不快感なく網戸の開閉をすることができます。

網戸を使わない場合には形材に収納されているので、雨風にさらされることもありません。そのため今もほぼ劣化していない状態。設置時の価格は割高ですが、長年使うことでコストを抑えられるというメリットもあります。

収納網戸の開け閉めはロールアップタイプより横引きのほうがラク!

わが家では、ロールと横引きの2つのタイプの収納網戸を使っています。その使い勝手は、ロール網戸よりも横引き網戸の方がよいと感じています。

付属のチェーンを引っ張ってロールアップ網戸を開け閉めする

ロールアップ網戸は付属のチェーンを引っ張って網戸を開け閉めします。片手では行うのは難しく、基本的には両手の作業に。

横引き網戸は片手で収納できる

雨が降ってきたときや外出前のバタバタしているときには、片手で収納できる横引きの方がラクです。

ロール網戸も横引き網戸も上下左右にすき間ができないので、使用中に虫が侵入することはありません。ただ網戸を収納する際に虫を家の中に取り込んでしまうということも。

収納網戸にしたことで窓がスッキリとした雰囲気に

また、収納網戸にすることで窓回りがスッキリとした雰囲気になるのもメリットのひとつ。

窓を閉めたときに網戸がないので、窓に映る景色も美しい

窓を閉めたときに網戸を収納すればなにもない状態に。窓に映る景色も美しく、部屋によっては外の景色をゆっくり楽しむことができます。

掃除の手間もかからず、スッキリとした窓を眺められることはメリット大

収納網戸にしたことで、お手入れの手間要らず

収納網戸にしてよかった!と思っていますが、今の懸念事項は網戸が損傷した場合、自分で網の交換はできないかもしれない、ということ。場合によっては収納枠ごと取り替えになるようなので、一般的な網戸に比べたら修理費は高くなります。

それでも収納網戸にしたことで、お手入れの手間も要らず、スッキリとした窓を眺めると気分がよいもの。

とくにエアコンを使わずに気持ちよく過ごせる春や秋は、窓を開けていることも多く、この収納網戸にしてよかったと感じています。

家を計画中の方は、収納網戸の採用を検討してみてはいかがでしょうか。